BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

ホームページ制作用でダウンロードしたい無料おすすめフリー素材サイト15選

  • WEB・IT情報

最終更新日:2022年08月23日

ホームページ制作に使える無料のおすすめ素材集15選

ホームぺージの制作時や日々更新する記事に挿入する写真やイラスト素材は、通常どのように調達していますか。画像の選定もコンテンツの一部として重要な役割があります。そこで、ここでは無料で利用することができるおすすめの素材集サイトをまとめてご紹介します。

ホームぺージ制作時に使えるテンプレート素材サイトと、コンテンツに使用できる商用利用可能の画像素材サイトを分けてご案内します。

CONTENTS

ホームページ素材サイト。無料と有料の違い

ホームページ素材サイト。無料と有料の違い

ホームぺージの素材サイトは大きく分けて無料と有料のプランに分けられています。無料の素材サイトは有料と比較すると、下記のような違いが一般的に見受けられます。

・無料素材の方が有料と比べて画像点数が少ない
・無料素材は画像サイズが小さい場合がある
・無料素材は写真の品質が低いことが多い
・「無料ダウンロードは1日3枚まで」など制限があることが多い
・商用利用はできてもクレジットの記述やリンク付けが必要であることが多い

ただし、素材サイトの中には有料に劣らない優秀な素材集もありますので、一概に品質やサービスが劣るとも言い切れません。

無料・有料共に素材サイトの利用規約と著作権は確認を

素材サイトの画像をダウンロードして使用する場合は、無料・有料会員に関わらず、必ず利用規約と著作権を事前に確認するようにしましょう。

「有料の素材サイトを使っているから加工も自由だしクレジット表記も必要ない」
「無料だけど商用利用可能だから自社のロゴに使おう」

といったように、利用規約の確認もせずに自分の先入観でダウンロードした素材を自由に使っていると、予期せぬ問題が発生するかもしれません。会社としてしっかりと使用に関する方針を社内で共有しておくことが大切です。

ほとんどの素材サイトは利用方法が共通。初めてでも簡単便利なログイン方法

素材サイトの会社は異なっても、実は利用の流れや方法はほとんど同じです。メールアドレスとパスワードを入れるだけでログインができ、好きな画像をクリックして画像サイズを指定してダウンロードボタンをクリックするだけデータを保存することができます。

ホームページで使う写真素材でSEO対策&集客を成功させる方法

ホームページで使う写真素材でSEO対策&集客を成功させる方法

そもそも写真やイラストといった素材をホームページ上で使うことに、どのような意味があるのでしょうか。
Googleのガイドラインを確認すると、画像の正しい記述方法や間違った使い方などがしっかりと説明されています。そのため、画像の有無や品質で検索順位が決まることはなくとも、1つのSEO対策の枠組みの中にあると言うことができます。

また、写真素材はテキストよりも視覚効果が高いため、ホームぺージ上でユーザーの視線を誘導することにも使えます。旅行サイトやグルメサイト、通販サイトなど、画像ありきのサイト構成が求められる業種も少なくありませんし、写真素材はWEBマーケティングを成功させる上で重要なマテリアルの1つとみなすことができるでしょう。

集客率が変わる。写真素材の選び方

自社のホームページ上に画像素材を使用することで、サイトの見た目や品質は大きく変わります。サイトにマッチした素材を使うことで、自社のブランディングの向上やコンバージョンの増加に繋げることもできるでしょう。一方で素材次第で、サイトのブランド価値が低下することもあることは覚えておかなければなりません。

・見栄えがいい画像素材を使用する
・イメージしやすい画像素材を使用する
・テキストの内容に合致、あるいは連想できる画像素材を使用する
・多くのWebサイトで見かけるような素材は極力避ける

まずは上記を念頭に写真やイラスト素材を選んでみてはいかがでしょうか。

写真素材のファイル名とaltタグの設定方法

Googleは素材の内容を認識することはできませんので、SEO対策を講じる場合は「alt属性」と「ファイル名」にて写真の内容を簡潔に説明することをおすすめします。やってしまいがちではありますが、ファイル名を「image1.jpg」などとすると、Googleは画像が存在することは判断できても、画像の情報(内容)は認識することができないとされています。

>>GoogleSEOスターターガイド「画像を最適化する」

ホームページに使えるフリー素材集の注意点

ホームページに使えるフリー素材集の注意点

自社のホームページ上でフリー素材集の写真やイラストを使用する場合は、幾つかの注意点を守らなければなりません。素材サイトによって詳しい使い方やルール、禁止事項は異なるため、利用する前に必ず目を通してください。

商用利用と著作権表記の有無を確認

フリー素材集は日本と海外サイト合わせて数多く存在し、ほとんどのサイトで商用利用は可能です。しかし、商用利用が可能というのは、あくまでも通販サイトなど営利目的のホームページ上で使うことが可能というだけで、素材自体を再販することは禁止しております。

また、一般的に多くの素材サイトは著作権を放棄していません。そのため、ダウンロードした素材を自分の作品としてPRすることは当然できませんし、画像をホームページに使う際は、クレジット表記やリンクが必要となるケースもよくあります。

多くの素材サイトがNGとしていること

幾つか素材サイトを利用していれば、おおよそのルールは共通しているため使い勝手はわかってきます。しかし、下記でご紹介することは、ほとんどの素材サイトでNGにしているため、利用を検討する際は細心の注意を払ってください。

・アダルトサイトでの使用
・ロゴの使用
・Tシャツなどにプリントして販売および使用
・加工後の再販

ただし、必ずNGというわけではありませんので、もし上記の使い道を考えている方は、一度運営会社に問い合わせてみるといいでしょう。

動画の無料素材をダウンロードするときの注意点を解説

フリー素材は画像だけではなく動画を提供するサイトもあります。Webサイトのページに動画を挟むことによって、よりユーザーフレンドリーのページに仕上げることができます。

ただし、動画素材にもBGM・音楽の著作権、人物には肖像権が発生します。昨今はYouTubeの動向を見ても、画像よりも著作権の風当たりは厳しく、場合によってはインターネット上で拡散されて、会社の信用失墜に繋がる可能性もあります。

無料で使えるホームページのテンプレート素材サイト

無料で使えるホームページのテンプレート素材サイト

ここではホームページのテンプレートに使える素材サイトをご紹介します。いずれも無料と有料プランが用意されており、無料の場合は機能が制限されていたり、ホームページの下部にクレジット表記が必須となります。最初は無料で使ってみて、本格的に導入を検討するならば有料プランに切り替えるのもいいでしょう。

WordPressテーマもあり「無料ホームページテンプレート.com」

WordPressテーマもあり「無料ホームページテンプレート.com」

「無料ホームページテンプレート.com」は、ホームページのテンプレートに使用することができる素材サイトです。テンプレートはHTMLとWordPressの双方がありますので、WEBに精通している人にもおすすめすることができます。無料で利用できるテンプレートはいずれもレスポンシブ対応しているのも特徴の1つです。

無料で使う場合はリンク付きのクレジット表記が必須となり、外すためには2980円払ってシリアルキーを発行してもらう必要があります。しかし、それ以外はカスタマイズも含めて自由に使うことができるので、無料版でも長く使い続けることができます。

URL:https://f-tpl.com/beginner/

風景写真素材も人気「フリー素材屋Hoshino」

風景写真素材も人気「フリー素材屋Hoshino」

「フリー素材屋Hoshino」は、写真素材とホームページのテンプレートを無料でダウンロードできる素材サイトです。写真素材は自然・季節・海外風景・各種イベントなどを多く取り扱っており、使用条件はリンク付きのクレジット表記となります。ただし、料金を支払えばクレジットフリーで利用できるので、必要な場合は運営元に問い合わせてください。

ホームページのテンプレートはHTMLとCSSを無料利用することができます。テンプレートには【PR枠】がありますので、こちらの削除は禁止です。歯科医院や不動産、美容室向けなど業種ごとのテンプレートがあり、いずれも無料とは思えない見た目です。

URL:https://www.s-hoshino.com/

500以上のホームページテンプレート素材が無料「Wix」

500以上のホームページテンプレート素材が無料「Wix」

イスラエル発のホームページビルダー「Wix」は、世界シェアランキング6位の大手CMSです。オンライン上でホームページを作成・管理することができるのが特徴で、500以上のホームページテンプレートはいずれも洒落たレイアウトなのが特徴です。自分でTwitterやFacebookといったSNSをやっている場合は、Wixで作ったホームページ上に埋め込むこともできます。

無料でも使えるホームページテンプレートの数は有料会員と同じですが、無料利用は広告表示があることと、独自ドメインが使用できません。無料の場合はホームページのURLに「wixsite.com」が追加されるため、一目でWixで作られたホームページであることが分かってしまいます。また通販サイトはビジネスプラン以上で運用することができます。

URL:https://ja.wix.com/

日本ではKDDIが運営。40種の無料テンプレートあり「Jimdo」

日本ではKDDIが運営。40種の無料テンプレートあり「Jimdo」

日本ではKDDIが運営している「Jimdo」は、ドイツ発のホームページビルダーとなります。サービス内容はWixと似通っていますが、テンプレート数は約40種と少ないのが少々残念。ただし、使い方は非常に分かりやすく、「WEBの知識がない」、「これまでホームページを運用したことがない」という初心者に高い支持を得ています。何かソフトをダウンロードする必要もなく、難しいツールを使うこともなく、すべてネットのブラウザ上でサイト制作ができます。

JimdoもWixと同様に、無料で使う場合は独自ドメインが不可で広告表示が必須となります。また、通販サイト自体は可能ですが、5つしか商品登録できませんので、原則、有料会員登録をする必要があります。

URL:https://www.jimdo.com/jp/

ホームページ制作で活躍!無料商用可の素材集を紹介

ホームページ制作で活躍!無料商用可の素材集を紹介

続いてはホームページ制作時に活躍するアイコンやイラスト、記事に挿入する画像素材を無料でダウンロードできる素材集をご紹介します。無料で使うことができるため、1つにこだわらず、用途によって複数の素材サイトを使い分けるといいでしょう。

学校・教育素材・ボタンが豊富「スクールアイコンズクラブ」

学校・教育素材・ボタンが豊富「スクールアイコンズクラブ」

「スクールアイコンズクラブ」は学校教育関連のアイコンやボタン、イラストを豊富に扱う無料素材サイトとなります。ダウンロードした素材は自社のホームぺージに使うことはもちろん、学校や塾で使うためのプリントとして印刷することもできますので、サイト運営者だけではなく教育関係者にもdesign作成で重宝されています。使用する際はリンクやクレジット表記も不要となるので、教育関係者は教材作りが捗るはずです。

URL:https://www.schoolicons.com/

貴重な日本人モデルの無料素材「写真AC」

貴重な日本人モデルの無料素材「写真AC」

「写真AC」は会員登録することによって写真とイラスト、お洒落なシルエット画像をダウンロードできる素材サイトです。無料会員でも1日9点まで保存することができます。写真ACでは日本人モデルを採用しており、大人だけではなく子供の素材も多いのが特徴。新着の更新頻度も高く、また日本のホームぺージと非常に高い親和性を持つため、使いどころに困りません。

ただし、素材を見つけるためのワード指定検索が1日4回しかできないのが残念なところ。ただし、有料会員の年会費は1万5000円程度と他の素材サイトと比較すると安価なので、もし毎月一定数ダウンロードする予定があるならば、有料でも十分メリットを感じることができるはずです。とりわけ個人や小規模のサイト運営者の利用率が高い素材サイトなので、是非チェックしてください。

URL:https://www.photo-ac.com/

どのホームページにも使い勝手良し。シンプルアイコン「ICOOON MONO」

どのホームページにも使い勝手良し。シンプルアイコン「ICOOON MONO」

「ICOOON MONO」はシンプルなシルエットアイコン・イラストを無料でダウンロードできる素材サイトです。顔出ししたくない場合のアバター画像やホームぺージのちょっとしたアイコンなど、いずれもシンプルなイラストのため、業界問わず使用できます。アイコン使用が普通となるため、すべての素材がクレジット表記無しで使えるのも魅力です。

URL:https://icooon-mono.com/

壁紙やイラスト素材が豊富「素材屋 flower&clover」

壁紙やイラスト素材が豊富「素材屋 flower&clover」

「素材屋 flower&clover」は、ホームページ運営で使えるアイコンやカラー、各種装飾を無料でダウンロードできる素材サイトです。草花や植物をたくさんあしらったかわいらしい素材が多いため、女性ユーザーを意識したホームページで重宝します。

また、壁紙や西洋風のオリジナルイラストも豊富にあるため、ブログ系のWebサイトであれば、背景や装飾にも使う機会はありそうです。また、画像の中にはパブリックドメインも含まれているので、基本的な使用に関しては著作権フリーとなります。ただし、加工や再配布する際は運営元に確認をとることをおすすめします。

URL:https://fc.ashrose.net/

かわいいホームページにおすすめの素材集「ガーリー素材」

 

かわいいホームページにおすすめの素材集「ガーリー素材」

「ガーリー素材」は女の子らしい素材を集めたサイトで、アイコンや装飾、パーツ、イラストなど豊富な種類を無料でダウンロードすることができます。個人運営の素材サイトとなりますが、オリジナル性も高く、食品・花・人物・雑貨と複数にカテゴリされており、特に猫を使ったイラストやプードル、ペンギンといった動物が人気です。iconにも使うことができます。色もパステルカラーが多く使用されているので女性向けです。

クレジット表記やリンクは必要ありませんが、著作権は運営元に帰属していますので再販は禁止です。加工や印刷は可能です。

URL:https://girlysozai.com/

海外フリー素材集は「freepik」がおすすめ

海外フリー素材集は「freepik」がおすすめ

海外の素材サイトの多くは有料使用のみですが、freepikは貴重な無料ダウンロードができる素材サイトです。日本の素材サイトと比較すると圧倒的な写真点数を誇り、クオリティも申し分ありません。アジア人モデルの素材も多数見つけることができ、その他医療系や料理・建物などの画像も豊富です。写真以外でもアイコン、ベクター、イラスト、文字・フォントなどホームぺージを象るあらゆるパーツをダウンロードすることができます。ファイルの形式もJPEGやPNG、PS・AIなどから選ぶことができます。ただし、無料の場合はクレジット表記が必要であることと、1日のダウンロード制限が10回までとなることに注意が必要です。また、海外の素材サイトとなるので、英語で検索する必要があります。日本語でも検索は可能ですが、ヒットする数は少なくなります。

有料会員の場合でも年間の費用は89ユーロ(約1万2000円)と安価のため、クレジット表記が気になる人はサブスクに登録するのもおすすめできます。

URL:https://www.freepik.com/

有名イラストレーターの素材を無料で利用可「いらすとや」

有名イラストレーターの素材を無料で利用可「いらすとや」

有名イラストレーターみふねたかし氏のイラスト素材をダウンロードできる素材集。食べ物・学校・季節・スポーツ・社会・行事など日々の生活に密着した素材が多く、ユーモラスなデザインも多数あります。

無料ダウンロードは20枚までで、21枚以上の利用や高解像度のダウンロードを希望する方は有償となるため運営元に問い合わせをしてください。著作権はみふねたかし氏に帰属するため、加工の有無に関わらず自作を主張したり再販することはできません。

URL:https://www.irasutoya.com/

ホームページの背景&壁紙素材なら「BEIZ images」

ホームページの背景&壁紙素材なら「BEIZ images」

「BEIZ images」は背景や壁紙に使える素材サイトで、モダンアートやパステルカラー系の素材が豊富です。写真素材も多数取り扱いがあり、無料ダウンロードが可能。ジャンルは自然系が主となります。素材はいずれも高画質・高解像度のため、ホームぺージ利用だけではなくDTPにも使うことができます。クレジット表記やリンク付けも必要なく、DTPで作った印刷物に関しては、二次加工に限り販売も無許可でできます(証明が必要な場合は利用規約を印刷してください)。

URL:https://www.beiz.jp/

オリジナルコンテンツが豊富「PAKUTASO」

オリジナルコンテンツが豊富「PAKUTASO」

「PAKUTASO」は自社でモデルを雇ってフリー素材を撮影しているのが特徴の素材サイトです。オリジナル写真が豊富なだけではなく、写真は見栄えよく編集が加えられているため、とりわけ風景素材はコントラストが効いた美しい仕上がりとなっています。

注意点としては、モデルを使った写真は一人ひとり許諾内容が異なります。サイト上には使用に関する範囲の記載がないため、通常とは異なる目的で使用する際は、運営元に問い合わせをしてください。

URL:https://www.pakutaso.com/

企業ホームページに最適。高品質素材豊富の「pixabay」

企業ホームページに最適。高品質素材豊富の「pixabay」

海外の無料素材サイトとしては高い知名度を持つ「pixabay」。高画質な画像素材はなんと2600万点以上。投稿されている画像はすべて撮影者が著作権を放棄しているため、クレジット表記必要なく使用することができます。

ただし、アジア系の写真は少ない他、shutterstockやAdobe製品への誘導広告が多いため、誤ってshutterstockでダウンロードしないように注意してください。写真以外にもベクターとイラスト素材も多数あるため、ホームぺージを運営する中で何かとお世話になる無料素材サイトの1つとなるでしょう。

URL:https://pixabay.com/ja/

20万人以上のフォトグラファーの写真素材が掲載「Unsplush」

20万人以上のフォトグラファーの写真素材が掲載「Unsplush」

「Unsplush」は海外サイトの中ではpixabayと並ぶ人気の無料素材集です。20万点以上の写真素材はすべて著作権フリーで使うことができます。それゆえに「この写真他のサイトで見たことがある」といった多少オリジナルに欠ける素材もあるかもしれません。

ただし、どの写真も高画質でダウンロードできるので、ホームぺージの質を上げてくれることは間違いありません。初心者はもちろんプロの方まで使い勝手がよく、数多くの優秀なクリエイターの素材を保存することができます。Unsplushは加工も可能なほか、登録不要で右上のボタンをクリックするだけでダウンロードすることができ、スマホアプリ版もあるので、とりあえずブックマークしておきたいおすすめ素材サイトの1つとなります。

URL:https://unsplash.com/

まとめ:素材集を有効活用するのが高品質のホームページ制作のポイント

まとめ:素材集を有効活用してホームページの品質向上を目指そう

今回は素材集を利用する上での注意点と、無料でダウンロードできる素材サイトをご紹介しました。無料素材サイトはダウンロードに時間も手間もかかりません。高品質の写真やイラストを適所に使うことによって、自社のホームぺージの品質向上に役立ってくれることでしょう。まずはここで紹介した素材サイトをできるだけ多くブックマークしておき、サイト制作時に素材を探しているときに、有効利用してみてください。

CONTACT

お問い合わせ

ホームページ制作のご質問・ご相談・お見積もりはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪市中央区を拠点に大阪市内から大阪府全域、関西地域にて対応いたします。