BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

【2022年度版】IT導入補助金を活用したECサイト制作について

  • ECサイト

最終更新日:2022年09月15日

弊社は経済産業省の『IT導入補助金2022』のサポートをするIT導入支援事業者に採択されました。

弊社が採択された内容は「デジタル化基盤導入枠(デジタル化導入類型)」でECサイト制作のための補助金となります。

IT導入補助金とは中小企業が購入するITサービスやソフトウェアの購入費用を国が一部補助してくれる制度のことです。
この『IT導入補助金2022』を活用することで、最大で350万円/導入費用の2/3の補助が受けられます。
例:450万円の経費の場合、2/3が補助されますので300万円が国から補助されるということです。

弊社が認定されたIT導入支援事業者のITツールは、ネットショップの開業をお手伝いするいわゆるECサイトの制作支援となっております。
本記事では、弊社が支援できるECサイト制作のための内容をわかりやすく解説していきます。

ECサイト制作サービス

弊社が取り扱っているECサイト制作サービスは2タイプ

弊社が取り扱っているECサイトの制作サービスのタイプは大きくわけて2つです。
・ECサイト開業(一般向け)
・ECサイト開業(BtoB・卸業者向け)

くわしく説明いたします。

ECサイト開業(一般向け)

*ネットショップ(一般販売向け)
1.概要
一般消費者向けの物販・サービスのネットショップになります。
EC-CUBE4というパッケージソフトを利用します。
クレジットカード決済は必須。

2.価格
150~200万円
補助額:100~133万円
負担額:50~67万円

3.導入にかかる大まかな作業内容
ECサイト用のWEBデザインとコーディングを行い、EC-CUBEをレンタルサーバーにインストールします。
インストールしたEC-CUBEにコーディングデータを組み込み、各種設定の上クレジットカード決済会社と契約後オープンするという流れになります。
5.サイト構成
EC-CUBE4を使って以下のようなサイト構成で構築します。
TOP
└商品一覧
└商品詳細
└注文フロー
└プライバシーポリシー
└特商法の表記
└お問い合わせ

ECサイト開業(BtoB・卸業者向け)

*ネットショップ(BtoB・卸業者向け)
1.概要
卸業者向け(BtoB向け)の物販のネットショップになります。
通常のネットショップの機能に加え、取引先ごとに閲覧できる商品やカテゴリを制限したり、商品ごとに割引率などを設定できるBtoBや卸問屋向けの仕様となります。
EC-CUBE4というパッケージソフトを利用します。
クレジットカード決済は必須。

2.価格
300万円
補助額:200万円
負担額:100万円

3.導入にかかる大まかな作業内容
ネットショップ用のホームページデザインとコーディングを行い、EC-CUBEをレンタルサーバーにインストールします。
インストールしたEC-CUBEにコーディングデータを組み込み、B2B向けに一般価格・業者価格などの設定や各種設定の上クレジットカード決済会社と契約後オープンするというながれになります。
4.サイト構成
EC-CUBE4を使って以下のようなサイト構成で構築します。
TOP
└商品一覧
└商品詳細
└注文フロー
└プライバシーポリシー
└特商法の表記
└ご利用案内
└お問い合わせ

 

IT導入補助金を使ってECサイトを制作する流れ

ステップ

ECサイト制作のためにIT導入補助金を利用する場合、以下の手順で申し込み手続きを進めていきます。

*IT導入補助金を活用してECサイトを開業する大まかな流れ
1.お問い合わせ
IT導入支援事業者である弊社にお問い合わせいただき、ECサイト制作に関しての相談や打ち合わせをさせていただきます。
この時点では交付採択が決まっていないので、正式なご契約はいたしません。

2.gBizIDプライムを取得する
申請には法人が「実在証明書」、「事業継続確認書類」が必要となり、個人事業主は「本人確認書類」、「事業継続確認書類1~2」が必要となります。

3.IT導入補助金に申請する
IT導入支援事業者である弊社と交付申請の共同作成・提出

4.交付決定
IT導入支援事務局の採択された場合、弊社とご契約いただき、ECサイトの構築をスタートいたします。

5.補助金受給後は、IT導入支援事業者によるサポートやアフターフォローが行われる
 

IT導入補助金の申込スケジュール

ECサイトを制作するためのIT導入補助金の申し込み期限はIT導入補助金の公式サイトのスケジュールページで随時更新されます。
2022年4月21日現在以下のようになっていますが、随時最新情報を確認するようにしてください。

参照:IT導入補助金2022「スケジュール」

1次締め切り分

締切日:4月20日(水)17:00
交付決定日:5月27日(金)17:00(予定)
事業実施期間:交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
事業実績報告期間:後日案内予定

2次締め切り分

締切日:5月16日(月)17:00(予定)
交付決定日:6月16日(木)17:00(予定)

3時締め切り分

締切日:5月30日(月)17:00(予定)
交付決定日:6月30日(木)17:00(予定)

4次締め切り分

締切日:6月13日(月)17:00(予定)
交付決定日:後日案内予定

ECサイトの制作なら弊社にお任せください

大阪に本社を置く「ホームページ制作大阪ドットコム」では、毎年IT導入支援事業者認定企業として、補助事業者にECサイト制作の支援を行っています。

弊社は創業1998年の老舗のホームページ制作会社で、IT導入支援事業者としても豊富な実績を持ち合わせています。

そのため、お問い合わせいただければ、申請にあたっての相談からお打ち合わせ、見積もりまでトータルでフォローさせていただきます。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

ECサイトを作成できる「IT導入補助金2022」とは?

疑問

IT導入補助金2022とは、企業がITサービスの導入やECサイトなどを制作する費用を、国が一部補助してくれる制度です。
IT導入補助金を上手く活用することで企業側の生産性が改善され、売上・利益の増加や労働時間削減などの効果が期待されます。
一方の国や政府も、中小企業のIT導入には非常に積極的です。
なぜなら日本にある多くの中小企業の生産力が高まることで、世界から見た日本の競争力の向上が望めるからです。
経済産業省が実施している制度で申請すれば必ず採択されるわけではなく厳しい審査があります。

参考:IT導入補助金公式サイト:https://www.it-hojo.jp/

IT導入補助金を使ってECサイトを制作するための3つのポイント

ポイント

まず、IT導入補助金を導入するなら最低限知っておきたいポイントを3つ紹介します。

*IT導入補助金を使ってECサイトを制作するための3つのポイント
1.事業の目的と一致した補助金を活用すること

2.補助や助成を受けられるのは事業の一部のみであること

3.補助金を受け取るためには、審査に通過する必要があること

上記の3つのポイントは、IT導入補助金の目的や意義にあたるところですので、しっかり理解しておいてください。

IT導入補助金を利用する前に、自分の事業と完全に一致した補助金であるかを確認することは非常に大切です。

また、IT導入補助金は、ECサイトの制作費用やITサービスの購入費用を全額補助してくれるものではないことを覚えておきましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ホームページ制作のご質問・ご相談・お見積もりはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪市中央区を拠点に大阪市内から大阪府全域、関西地域にて対応いたします。