SEOでの効果的な見出しの書き方や作り方とは?H1タグなどについて解説 | 大阪でのホームページ制作なら | ファーストネットジャパン

BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

SEOでの効果的な見出しの書き方や作り方とは?H1タグなどについて解説

  • SEO対策

最終更新日:2023年02月20日

SEOでの効果的な見出しの書き方や作り方とは?H1タグなどについて解説

Webサイトのコンテンツを作る際、SEOを意識するならば見出しタグの重要性を知っておかなければなりません。見出しタグは使い方次第では検索順位を上げるSEO対策にも効果的と言われています。

そこで、ここではSEOの施策における見出しの知識と、書き方や作り方について詳しく解説します。

SEO対策で
お困りのことはありませんか?

売上をあげるためのSEO対策ならお任せください。
ファーストネットジャパンでは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、良質かつユーザー第一でWebマーケティング・コンサルティングを行っております。

CTAのイメージ画像

CTAのイメージ画像(スマートフォン版)


SEO対策について
もっと知りたい方へ

詳しくはこちらから

CONTENTS

Webサイトの運営に必要なSEO対策のメリットと順位の影響

Webサイトの運営に必要なSEO対策のメリットと順位の影響

自社でWebサイトを運営する場合、Webマーケティングの一環としてSEO対策が必要となります。SEO対策とは、Google検索エンジンでキーワード検索をした際に自社のコンテンツが上位に表示される施策を指します。

日本ではGoogleとYahooの検索エンジンが市場の9割以上となり、YahooはGoogleの検索技術を採用しているため、基本的にGoogle検索におけるSEO対策をしておけば問題ありません。

基本的なSEOの施策

キーワード検索における検索順位を上げる方法として、内部SEOと外部SEOがあります。外部SEOは主に被リンクの獲得が挙げられますが、自力ですぐに増やすことが難しいため、自社のWebサイトで行う対策は内部SEOが最初はメインとなります。

内部SEOは、主に「クロールの最適化」と「インデックスの最適化」に分けることができます。

クロールの最適化とは、Googleのクローラーが正しく効率的に自社サイトを回遊できるようにサイト設計や構造を最適化する施策を指します。例としては「XMLサイトマップの送信」や「パンくずリストの設置」、「シンプルなサイト構造の設計」などが代表です。

インデックスの最適化は「タグ」の見直しが主となります。HTMLタグを適宜使用することによって、コンテンツの意図や内容を正しくGoogleに伝えることができ、結果として高品質のブログ記事はGoogleから高いページ評価を得られ、検索順位の上位表示に繋げることができます。

SEO対策で自社サイトのコンバージョンの増加が期待

自社のサイトにSEO対策を講じるメリットの1つに「コンバージョンの増加」が挙げられます。問い合わせ率や資料請求が増えれば、潜在顧客の獲得や広告に頼らないネット集客の成功に繋がります。

通販サイトを運営しているのであれば、SEO対策の成功は直接的な利益に結び付けることができるでしょうし、言い換えればSEO対策をせずに安定した売り上げを見込むのは困難を強いられます。

コンバージョンとなる最終的な成果をどこに据え置くかはサイトの運営方針によって異なりますが、いずれも検索キーワードのランキングを上げることは、Webマーケティングにおいては非常に重要な要素となります。

SEO対策の答え・考え方は様々。トライ&エラーが重要

上記では基本的なSEO対策の方法に触れましたが、実は「100%正しい施策」というのは存在しません。そのため、Googleが公開しているランク評価に関連がある要素から、自社が正しいと想定するSEO施策を試みることになります。

もちろん短期間で効果が出ることもあれば、1年以上施策を続けてもうまくいかないこともあります。SEOの施策に対する考え方は、プロのコンサルタントやWeb制作会社であっても意見が分かれるため、トライ&エラーをこなすことが非常に重要となります。

それを知らずに短期間で一定の成果が出ると考え、コンサルタントにSEO対策の代行依頼をしてしまうと、「高いお金を払ったけど全然ランキングが上がらない」と挫折してしまうことにもなります。

SEO対策における正しい知識を得ることは、サイト運営の事業戦略の設定や予算の確保、従業員のモチベーションにも繋がることでしょう。

すべての記事コンテンツに設置・設定すべき「見出しタグ」の役割とは?

すべての記事コンテンツに設置・設定すべき「見出しタグ」の役割とは?

インデックスの最適化で重要な「正しいHTMLタグの使用」ですが、その中でも「見出しタグ」は、すべての記事コンテンツに設置するため、SEOの施策の中でも大切な要素と言えます。

Webサイトのすべてのページに設置すべき見出しタグ

見出しタグは「hタグ」とも呼ばれていて、トップページを含み、原則すべてのページに設定することになります。

hタグは文章に当てるものであり、画像に設定するタグはaltタグと呼ばれています。

この見出しタグの設定方法もプロの業者によっても若干の見解の相違があります。なかなか結論を出すのが難しい問題でもあるので、自社で行う場合や業者に依頼する場合は、ある程度の期間を決めて事例などを確認し、施策の成果を見定めて修正するなり継続するなりを決めるのがいいでしょう。

h1からh6までの使い方。見出しタグのルールと使用方法

h1からh6までの使い方。見出しタグのルールと使用方法

WordPressでWebサイトを作成している場合、見出しタグはh1からh6タグまで選択できます。それとは別にタイトルタグも設定することになりますが、タイトルタグはページの顔となり、検索エンジンの検索結果画面に表示される重要なタグとなります。

よくタイトルタグとh1タグを同じ文章にしたり、h1タグをロゴに当てているサイトも見受けられますが、できるだけページ内容に沿ったテキストを設定するようにしてください。

h1からh3の見出しタグを適切に活用する

WordPressで記事を作成するときは、編集画面で「見出し1」のようにh1からh6の見出しタグが選択できるようになっています。

通常h1タグは、1ページに複数使わない考えが主流となっています。h1タグは記事のタイトルに当てるため、文章の本文で使う見出しタグはh2以下となります。

見出しタグはh1から始まり、h2、h3、h4と順番に使うのが定石です。その中でも実際に多用する見出しはh2とh3タグとなり、通常の記事構成ではh4を使うことはあっても、h5以降を使うことはほとんどありません。

見出しタグは記事の中身と構成を端的にユーザーとなる読者や検索エンジンに伝えることが目的となるので、あまり小見出しの種類を増やすのは逆効果となることもあります。

そのため、通常の記事作成はh2とh3で構成するように心がけるのがおすすめです。

SEOに良い効果的で適切な記事作成のコツ

SEOに良い効果的で適切な記事作成のコツ

続いてはSEOの施策として効果的な記事の作成方法と、ちょっとしたポイントをご紹介します。「これをやれば順位が上がる」という施策はありませんが、ここで紹介するような要素を1つ1つ押さえることで、着実に品質の高い記事に仕上がってくるはずです。

1.目次を設置して見出しを見直す

近年はどこの企業もしっかりとSEO対策を講じているため、競合に勝つために1つの記事のボリュームが増加傾向にあります。1本の記事で3000文字や5000文字といった文字数の場合、読み手は疲れてしまいますし、核心を突く箇所を探しあてることも困難となります。

そのため、記事の冒頭に目次を設置することによって、ユーザーは好きな見出しを見つけて大事なところだけ読むことができ、ユーザー満足度の向上に繋げることができます。

WordPressの場合はプラグインを導入するだけで簡単に目次を生成することができます。目次を作るコツとしては、「h2タグ(WordPressでは「見出し2」)のみを表示させる」ことです。設定次第で見出しタグをすべて表示することもできますが、あまりに多くの見出しを表示させるとかえって見づらくなってしまいます。

また、理想はh2タグだけを読んでも記事の全貌をしっかりと把握できることなので、実際に文章を書く際も見出しのテキストは意識して作ることをおすすめします。

2.見出しは簡潔かつ分かりやすさが大切

タイトルタグの文章は30文字前後が理想と言われていますが、これは検索エンジンの結果一覧ページに表示される文字数となります。

一方で記事中の見出し文章は検索結果には表示されないため、文字数の決まりは特にありません。ただし、読み手の気持ちを考えると、なるべく簡潔かつ分かりやすい文章を考えるのがいいでしょう。

また、よくありがちなのが「単語を並べたり箇条書きにする」、「答えを書かない」といった見出しです。見出しはしっかりと文章にすること、および読者が疑問に感じていることや記事のテーマ・問題に対する回答を見出しの中に含めるようにしましょう。

3.検索キーワードもバランスよく混ぜる

記事を作成する際は、テーマとなるキーワードを選定しますが、そのキーワードや関連ワード、共起語なども見出しタグに満遍なく含めるのもSEO対策として効果的と言われています。

昨今のGoogleアルゴリズムは賢くなっているので、キーワードの頻出率は関係ないとも言われはじめています。しかし、ある程度のキーワードが含まれていないと、Googleもユーザーも記事の柱となるテーマが分かりにくいですし、文字数が多い記事ならなおさらです。

そのため、読み手が不自然を抱かないように検索キーワードを散りばめることは、SEOに関しても一定の評価があると考えることができます。

人気の記事や特集をピックアップして検索情報を収集する方法を紹介

人気の記事や特集をピックアップして検索情報を収集する方法を紹介

初めて自社でSEO対策を講じるのであれば、どのような記事の見出しにすべきか悩んでしまうものです。そんなときは、下記で紹介するように、すでに検索ランキングで上位に表示されている人気の記事を参考にするのも有効なSEOの手段の1つと言えます。

ユーザーが多いWebサイトや記事は見出しの作りが上手

Google検索のランキング上位に位置している記事や、自分の知りたい検索ワードを入力して1ページ目に表示される人気の記事は、往々にして読みやすくWebサイト上の読み物記事として構成がきちんとしています。

まずは同業他社の人気記事をピックアップして、見出しのテキスト内容や文字数、数などを確認してみてください。キーワード検索で上位表示されるということは、どこかの要素でGoogleから高い評価を受けていることを意味するので、最初のうちは記事構成を模倣してみるのがいいでしょう。

また、記事だけではなくWebサイト全体も確認してみてください。サイトのデザインやトップページの総文字数、リンク数、表示スピードなども競合分析には欠かせません。

Google検索上位の記事見出しを抽出する

Google検索上位の各記事の見出しを調べる際は、手作業で行うのは少々手間がかかりますので、効率化を図るのであれば分析ツールを使うべきと言えます。分析ツールは有料と無料がありますが、有料であっても記事見出しの抽出機能がないものもあるので、申し込む前に使える機能は確認してください。

無料の分析ツールでおすすめしたいのは「ラッコキーワード」です。指定したページのh1からh6までの見出しタグを瞬時に調査することができます。対象ページはキーワードで検索する方法と、指定URLを入力する方法があります。

キーワード検索の方法を用いれば、1ページ目(上位10サイト)に表示されているサイトページを一括して抽出できます。

公式HP:https://rakko.tools/tools/3/

検索上位にヒットする記事見出しの共通語を調べて自社の記事に埋め込む

もう1つ調査してほしいのが、競合他社の記事の見出しに含まれている「共通語」です。検索上位1位から10位までの記事の見出しを調査し、共通して含まれる単語を抽出し、よく使われているワードに関しては自社の記事にも含めるようにしましょう。

こちらも上記で紹介したラッコキーワードツールで抽出することができます。注意点としては、あまり意識して詰め込みすぎると、記事の内容に矛盾が生じてしまったり、国語や文脈に違和感が出ることもあります。あくまでも読者の読みやすさを優先してください。

公式HP:https://related-keywords.com/

読んでわかりやすい記事ページの作り方と意識の仕方

読んでわかりやすい記事ページの作り方と意識の仕方

Web記事を書くことに慣れていくと、常にSEOを意識した文章を書いてしまいがちです。しかし、留意してほしいのは、あくまでもユーザー本位の文章を心掛けることです。

Googleのランク評価を決定するアルゴリズムは年々精度が向上しています。「ユーザーではなく検索エンジン対策を施した記事」はGoogleが嫌う要素の1つでもあるので、書いた文章を読み直したときに、読者がその記事に有用性を見出せるかどうかを確認してみるといいでしょう。

ユーザーは見出しではなく記事内容で評価する

上記ではSEO対策から考える見出しの作り方をご紹介しましたが、読者となるユーザーは見出しではなく、記事の内容でサイトの良し悪しを判断します。

検索エンジン対策をしていても、肝心の記事の質が及ばなければ、ユーザーは自社サイトを離れてしまい、離脱率やページの滞在時間に影響してしまいます。

もちろんGoogleはページの記事としての品質やユーザーの満足度をあらゆる角度から分析・評価しているので、ユーザーがすぐに引き返してしまうような記事ばかりを更新していると、一向に順位が上がらない事態に陥ることも十分想定されます。

ユーザーファーストの記事制作を心掛ける

GoogleはかねてよりWebサイトのコンテンツはユーザーファーストでなければならないと公言しています。

具体的にGoogleから検索順位に関係し評価を得られるユーザーファーストがどのような施策・行為であるかは明言されていませんが、おおよそ下記を留意した記事制作を心掛けるのが良さそうです。

  • 専門性・権威性・信頼性を備えた記事
  • ユーザーが当該記事を読むことで自分が抱えていた問題が解決する
  • 当該記事だけでユーザーが抱えている問題が解決しない場合は、分かりやすいリンクを用いて別ページに誘導する

抽象的かもしれませんが、上記を網羅した記事は読者にとって有益な記事とみなされ、Googleからも高い評価を得ることができると考えられます。

起承転結を明確に。記事作成前に見出しだけ決めておく

1000文字程度の記事であれば前準備なくその場の思い付きで書くこともできますが、記事のボリュームが3000文字以上になると事前に記事構成を考えておかなければ、執筆中にテーマから話題が逸れてしまったり、起承転結がなくまとまりのない記事に仕上がってしまうことがよくあります。

そこでおすすめしたいのが、記事の作成前に見出しだけは決めておくことです。具体的に書く内容まで決める必要はなく、記事の検索キーワードとタイトル、h2とh3タグだけWordなどにメモしておきましょう。

また、1つの見出しタグの文字量を300文字程度と決めておけば、仮に3000文字の記事を書く場合は、10個の見出しを作ればいいと考えることができます。

Web記事の作成に慣れないうちはボリュームのある文章を書くのが難しいので、3000文字を書こうとするのではなく、300文字のブロックを10個作るイメージを持つと案外大記事も難なく作成することができます。

SEO対策における見出し関連の使用上の注意点

SEO対策における見出し関連の使用上の注意点

見出しタグを記事に設定する際は、使用上の注意点も幾つかあります。見出しタグはSEOにおける施策の1つとなるので、言い替えれば失敗したときは逆に順位を落とすリスクも孕んでいます。

見出しだけで順位が決まるわけではありませんが、要素の1つとして注意すべき点はしっかりと押さえておいてください。

h1タグは乱用しない

h2以下の見出しタグは記事の章や節の役割となりますが、h1タグは記事ページ全体を表すタグとなります。ページの中では最も上位に位置するタグとなるので、1ページの中に3つも4つもh1タグがあるのは好ましくないとされています。

Googleが推奨使用回数を提示しているわけではありませんが、原則h1タグは1ページに1つだけ設定するようにしましょう。

キーワードの詰め込みは禁止

見出しタグにキーワードを含めることでどれだけのSEO効果が見込めるかは不明ですが、共起語や共通語と併せて満遍なくキーワードを含めることは、SEOに対して一定の効果が期待できると考えられます。

ただし、不自然なほどたくさんのキーワードを詰め込んでしまうと、Googleは検索エンジン対策だと認識してペナルティを課す可能性もあります。

また、「東京の観光スポット①」、「東京の観光スポット②」のようなキーワードの箇条書きや数字の羅列も昨今のSEOでは避けるべきとされています。部分的には問題ありませんが、キーワードはできるだけ文章の中に含めてください。

検索順位上位表示を目的とするならリライトを重要視する

見出しの文章や記事本文にこだわりを持つのはいいですが、検索順位を上げることを考えるのであれば、記事を更新したあとの「リライト」に注力した方がSEOとしては効率的と言えるかもしれません。

リライトは以下の要領で試してみると、良い結果が出やすいかもしれません。

  • 本文中に共通語や共起語を含めるようにする。
  • 見出しタグを見直す
  • 検索順位上位の記事の平均を上回る文字数を書く

などに着目して改善を図ってみてください。ただし、リライトをすれば必ず順位が上がるわけではなく、逆に下がってしまう危険もあります。そのため、すでに1ページ目にヒットしている記事のリライトは慎重になってください。

最初は11~30位以内でくすぶっている記事のリライトからはじめてみるのがいいでしょう。

自社のSEO対策をコンサルタントのサービスに依頼するポイント

自社のSEO対策をコンサルタントのサービスに依頼するポイント

近年はネット事業やWebマーケティングに注力する法人企業が増え、SEO対策も競争が激化の一途を辿っています。

Googleのランク評価は加点式で相対的に評価点数が上の記事が検索上位に表示されます。そのため、自社のコンテンツがどんなに高品質であっても、競合の記事やサイト評価が元から高ければ、いつまで経っても自社サイトの記事は順位が上がりません。

そのため、効率的にGoogleから高い評価を得るために、プロのSEOコンサルタントにSEO対策を代行してもらうのは非常に有効な方法と言えます。

SEOコンサルタントのおすすめの選び方は、実績はさることながら、「SEOを考慮したWeb制作ができる」IT企業に依頼することです。

場合によっては既存のWebサイトを大幅にリニューアルしたり、設計次第では一から作り直す方がコスパが高いこともあります。

最初のサイト設計に失敗すると、クローラーが回遊しづらくなかなかインデックスされなかったり、ページが増えるごとに複雑化し、結果的にGoogleから評価を得られない現象に陥ることが懸念されます。

SEOとWeb制作のプロフェッショナルが集う「ホームページ制作大阪ドットコム」

大阪を拠点に全国の企業からWeb制作の依頼を受けている「ホームページ制作大阪ドットコム」は、創業1998年の老舗のIT企業です。

SEO対策にも深い知識と実績があり、Webサイトの設計段階からSEOに有利なサイト構築が可能です。また、既存サイトに関してもサイト設計の見直しやデザイン・レイアウトの変更、SEOコンテンツの作成などを依頼できるので、「自社が取り組む施策では競合サイトにどうしても勝てない」、「SEO記事を更新しても順位が上がらない」といった悩みがある企業は、まずは相談してみてください。

公式HP:https://gelatocms.com/service/webmarketing/seo/

まとめ:SEOにとって見出しは重要な施策。しっかりと理解して記述する

まとめ:SEOにとって見出しは重要な施策。しっかりと理解して記述する

今回はSEO対策の概要と見出しの重要性や書き方について解説しました。検索順位がなかなか上がらないと悩んでいる人は、一度すべてのページの見出しタグを見直して改善してみることをおすすめします。

また、現状のSEO対策では競合サイトに勝つことが困難である場合は、SEOコンサルタントに問い合わせて現状を相談してみてください。プロの目線から現状を打破する提案をしてくれるはずです。



CONTACT

お問い合わせ

お見積もりのご相談・お問い合わせはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。