BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

SEO対策とは?初心者にもわかりやすく簡単に意味から解説【2022年最新保存版】

  • SEO対策

最終更新日:2022年09月06日

【2022年最新保存版】SEO対策とは?初心者にもわかりやすく簡単に意味から解説

自社で作成したWebサイトは、キーワード検索をした際に上位表示されることにより、ネット集客に大きく寄与することができます。この施策を「SEO対策」と呼びますが、SEO対策が成功するか否かで、会社の事業体制が大きく左右されるといっても過言ではありません。

そこで、今回はSEO対策の意味や基本的なやり方を網羅的に紹介。初心者でも簡単に分かりやすく解説しますので、「ホームページを作ったけど、SEO対策を何からはじめればいいか分からない」、「自社にITに精通している従業員がいない」というWeb担当者は、ぜひ本記事をご一読ください。

SEO対策でお困りのことはありませんか?

売上をあげるためのSEO対策ならお任せください。
ホームページ制作大阪ドットコムでは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、
良質かつユーザー第一でWEBマーケティング・コンサルティングを行っております。

SEO対策について詳しくはこちら

CONTENTS

SEO対策とは?初心者に向けて簡単にわかりやすく解説!

SEO対策とは?初心者に向けて簡単にわかりやすく解説!

SEO対策とは、英語で「Search Engine Optimization」と綴り、「検索エンジン最適化」を意味します。具体的には、GoogleやYahooといった検索エンジンでキーワード検索をした際に表示されるSERPs(サープス:Search Engine Result Pageの略で「検索結果画面」の意)で、上位表示を目指す対策となります。

自社で制作したWebサイトは、SEO対策を施さなければ人の目にはとまりません。ネット上で商品やサービスを販売する場合はもちろん、自社のブランディングにとっても、検索順位で上位に表示されることは大きな意味を持ちます。

しかし、多少なりともITやWebに精通していないと、専門用語や技術的な問題が立ちはだかり、SEO対策になかなか手が付けられない状況にある人も少なくありません。ここでは初心者でも分かりやすいように努めて解説をします。

SEO対策の意味とは?なぜ必要なのか

SEO対策の意味とは?なぜ必要なのか

検索順位は基本的に「加点式」で決まるため、検索順位を上げたければ、Googleからの自社のサイト評価を高くし、相対的に競合よりも高い点数を獲得しなければなりません。

現在では業種問わず、あらゆる企業がWebサイトを運営し、少なからずSEO対策を実施しています。そのため、自社が何もSEO対策を講じなければ、競合サイトの評価がどんどん高くなり、いつまで経っても検索順位が上がらないことにもなりかねません。Webサイトを運営する個人・企業にとって、SEO対策は必須のネット集客方法と言えます。

SEO対策とは初心者でもできるWebサイト運営の必須マーケティング

SEO対策は広義で言えばWebマーケティングの一種となりますが、通常のWebマーケティングは専門的な知識と経験、データに基づいた解析力などが必要となり、初心者が手を出すことは困難です。一方でSEO対策のやり方は後述するように幾種類と存在しますが、初心者でもできる手法も数多くあります。

YMYL業界は初心者が自力でSEO対策をするのは困難

YMYLとは「Your Money Your Life」の略語で、人々の生活や金銭に直接関わる業界を指します。近年はGoogleが特段厳しく監査しており、YMYLに属するWebサイトは、取り分け高度なSEO対策が必須となります。

YMYL業界は「金融・医療・健康・美容」などが挙げられ、これらに属するWebサイトを運営している方は、自力でSEO対策を講じることは少々困難を強いられるかもしれません。競合サイトも多額の予算をSEO対策にかけているため、自社のサイトを検索順位で優位に立とうとするならば、SEO対策の業者に依頼して、効率よくサイト評価を高めることも検討するといいでしょう。

>>信頼できるSEOコンサルタントを見つけるならこちらへ

SEO対策は意味がある?YouTubeとSNS

SEO対策は意味がある?YouTubeとSNS

SEO対策は、実はWebサイトだけではなく、YouTubeやFacebookといったSNSにおいても幾つかのSEO対策が可能となります。Googleからは明確なSEO対策の手法は公開されていないものの、タイトルや概要・紹介欄に検索キーワードを含めてしっかりと文章で埋めることにより、SEO対策の効果があると考えていいでしょう。

特に近年はYouTubeのSEO対策を強化すべき

とりわけYouTubeは、近年非常に重要なマーケティング及び集客ツールとして成長しており、企業がサービス紹介などで動画を投稿することも珍しくなくなってきました。YouTubeはGoogleが運営する媒体のため、検索エンジンと密接な関わりがあることは容易に想像でき、実際に特定のキーワード検索をした際は、YouTube動画がサムネイル画像付きで1ページ目の上位に表示されます。

現在YouTube動画を定期更新している方は、今一度YouTubeに対するSEO対策を学習してみてはいかがでしょうか。動画のタイトルや概要欄の文章を変えたり追加修正するだけでも検索順位に影響する効果を見込めるはずです。

初心者は要注意!SEO対策は1回だけでは終わらない!

初心者は要注意!SEO対策は1回だけでは終わらない!

あまりWebに精通していない初心者の中には、SEO対策はホームページを制作した際に業者が講じてくれて、それで十分と認識している人もいますが、実は誤解があります。Googleは常にシステムアップデートを繰り返し行っており、また年に数回、コアアップデートと呼ばれる大きなアルゴリズムのバージョンアップを実施します。

いままで順当に1ページ目に表示されていたページが、突然大きく順位を落とすこともしばしばあり、Webサイトの運営者は、その都度アップデートに対応したSEO対策を講じなければなりません。

Googleは200以上の指標をもとに検索順位をランク付けしている

GoogleはインデックスされたWebサイトの検索順位を決める際に、200以上の指標をもとに検索順位をランク付けしていると言われています。不定期にGoogleの重要人物がアルゴリズムやサイト運営の注意事項などを公開しており、その度に世界中のWEB業界に携わる人々が自身のSEO対策を見直しています。

そのことからも、Webの専門家ではない個人が200以上のSEO対策の項目を網羅しながらWebサイトを運営するのは困難であり、SEO業者にSEO対策を任せるのが昨今の流れともなっています。

SEO対策の種類とは?それぞれの意味を解説!

SEO対策の種類とは?それぞれの意味を解説!

では、SEO対策にはどのような種類・手法があるのでしょうか。一般的にSEO対策には「内部対策」と「外部対策」の2種が存在します。Webサイトを運営する初心者の方は、まずは内部対策と外部対策でそれぞれどのような手法があるかを学び、自分でできることとSEO対策業者に依頼することを取捨選択できるようにするといいでしょう。

>>SEO対策の費用と料金相場を徹底解説!

近年のSEO対策は内部対策が重要

Googleは日々アップデートを繰り返しており、日を追うごとに賢く、厳格にサイトを評価できるように進化しています。数年前までは「被リンク至上主義」などと揶揄されるように、外部対策となる被リンクの獲得がSEO対策に最も効果的な手法の一つでした。しかし、昨今はGoogleアルゴリズムの進化により、内部対策がより重要視される傾向となっています。

  1. サイト構造
  2. タグ付け
  3. meta要素
  4. 内部リンク
  5. HTML文法
  6. 記事の品質(SEOコンテンツ)
  7. UI/UX

初心者の方は、まずは上記を見直してみる必要があります。ユーザー本位のサイト作りには変わりありませんが、Googleが好む技術的な要素もSEO対策には必要不可欠となることを覚えておきましょう。

SEOの外部対策も依然として重要度は高い

SEOにおける外部対策とは、主に「被リンク(バックリンク)の獲得」となります。被リンクとは、外部サイトが自社サイトに向けてリンクを貼ることを指します。一昔前までは被リンクは数が重要でしたが、現在は量より質となり、被リンク元(外部サイト)のサイト評価が高いことや、業界が一致していること、更新頻度が高いことなどが大切とされています。

上記では昨今の傾向として外部対策より内部対策が重要と説明しましたが、それでも依然として良質な被リンクの獲得はSEO対策の宿命でもあるため、内部対策を実施するかたわら、被リンクの獲得の施策もしっかりと講じるようにしてください。

逆SEO対策とは?風評被害・誹謗中傷に対応

SEO対策とは検索順位を上げるための手法を指しますが、一方で「逆SEO対策」という言葉もあります。例えば、自社に直接あるいは間接的に関係するキーワードでGoogle検索をした際、自社の誹謗中傷や悪口の記載されたサイトが検索順位の上位に表示されてしまう場合があります。このような事態が発生すると、自社のブランディングに大きく影響するだけではなく、問い合わせや注文の減少といった機会損失にも繋がります。ネットにおける風評被害は拡散されやすく、SNSなどでシェアされれば事業が立ちいかなくなるほど打撃を受けることもあるでしょう。

そこで用いられる改善方法が逆SEO対策となります。逆SEO対策で主に用いられる手法は、

  1. 誹謗中傷の記事が掲載されるキーワードを見つけ、当該記事よりも上位に表示されるよう、自社サイトのSEO対策を強化する。
  2. 複数のWebサイトを制作し、誹謗中傷の記事キーワードに対してSEO対策を強化し、検索順位を上げることによって、誹謗中傷の記事の順位を下位に落とす。
  3. 誹謗中傷の記事の内容が誤解であることを説明した記事を作成し、誹謗中傷の記事よりも上位表示されるようSEO対策を強化する。

などが挙げられます。いずれも不確定要素が多くテクニカルな手法となるため、自力でやろうとはせず、まずはSEO対策業者に相談してみるのがいいでしょう。

SEO対策業者によって成果が異なる理由

SEO対策業者によって成果が異なる理由

SEO対策サービスを提供するIT企業は全国に1万5000社以上存在するとされていますが、依頼するSEO対策業者によって、成果が大きく異なる場合があります。SEO対策で求められることはほとんど共通しており、「このSEO対策は自社だけが知っている」といった技術はあまり見受けられません。では、なぜSEO対策業者によって成果が異なるのでしょうか。

業者によってSEO対策の考え方や方向性が違う

SEO対策は上述したように200以上の項目がありますが、しかし、SEO対策業者によって解釈の仕方や、対策する順番、サイト構築の方向性などが異なるため、それが検索順位に少なからず影響しています。

ただし、WebサイトとSEO対策業者には目に見えない相性のようなものが存在します。SEO対策を業者に依頼してもまったく効果が表れなかつた際は、「このSEO対策業者はインチキだ」と考えてしまいがちですが、SEO対策業者からすると、自社の考える方向性と手法で過去に効果が出た実績が多数あるはずです。そのため、一概にSEO対策業者の能力や技術を疑うのは少し誤解があります。

更新するSEOコンテンツ(記事)の質が低い

初心者でも手軽にできるSEO対策の1つに「SEOコンテンツ(記事)」を更新する方法が挙げられますが、日々更新する記事の品質が低かったり、Googleの考える良質なコンテンツの基準に準拠していない場合は、サイト評価が逆に下がってしまうこともあります。SEO対策業者にコンサルタントを依頼すれば、どのようなテーマ、タイトル、見出しで記事を書くかは教えてくれますが、実際に記事を書くのが自社のスタッフであれば、記事の品質は保証されません。

半年ほど自社で記事の作成を内製化してみて、検索順位が一向に上がらないのであれば、SEO対策業者に記事の作成依頼をするのも1つの手となります。

初心者におすすめ!SEOの内部対策の確認ポイント

初心者におすすめ!SEOの内部対策の確認ポイント

SEO対策の初心者の方は、ホームページを立ち上げた当初は、まずは自力でできる内部対策を実践してみてはいかがでしょうか。

以下では初心者でもできるSEOの内部対策をご紹介します。

Googleボットがサイト内をクロールしやすくする方法

Googleボットとは、Googleが採用しているWebクローラーを指し、ウェブ上で公開されている記事を読み込み、データとして蓄積します。そして、記事の品質や信頼性、重要性など200以上の指標を鑑みて順位付けをする仕組みがSEOとなります。そのGoogleボットがサイト内をクロールしやすい環境・構造を整えることは、SEO対策としても非常に重要となります。

  1. サイトの構造・階層をシンプルにする。
  2. パンくずリストを作る。
  3. XMLサイトマップを送信する。

まずは上記のSEO対策を実施してみてください。サイトの構造は複雑になれば、それだけGoogleボットが回遊しづらくなってしまい、重要な記事がインデックスされないといった弊害が発生します。パンくずリストは記事の階層をツリー状かつハイパーリンクで表示させる機能です。XMLサイトマップは、クローラーにWebサイトの更新頻度や記事のURLを伝えることができ、正当かつ迅速に評価してもらうSEO対策となります。

WordPressで作成したWebサイトであれば、パンくずリストやXMLサイトマップの作成は初心者でも簡単に実践できますし、XMLサイトの送信はGoogleが無料で提供しているGoogleサーチコンソールからできますので、まだ実行していない方は、早急に対処してみてください。

SEO記事を正しく検索表示させる=検索インデックス最適化方法

検索順位を上げるために、Webサイト運営者は定期的に記事の更新をする必要がありますが、更新した記事をクローラーにインデックスしてもらい、正しく評価されるためには、闇雲に記事を書いてはいけません。まずは下記事項を守りつつ記事を書いてみて下さい。

  1. タイトルは明確に。1つの記事にテーマは1つ。
  2. ページ内容を要約したmeta descriptionの設定。
  3. 重要なトピックは見出し(hタグ)で強調する。
  4. 構造化マークアップをする。

上記は狙ったキーワードで検索順位の上位表示を成功させるために役立つSEO対策となりますし、構造化マークアップを実践してリッチリザルトが検索画面に表示されると、星の評価やレビュー件数、パンくずリストなどが反映され、他の記事より目立ち差別化を図ることができます。

初心者も実践しよう。SEO記事の質を上げる方法

Googleがサイト評価を厳しくしている業界として「YMYL」をご紹介しましたが、ここでご案内するEATも重要な指標の一つとなります。EATとは「E=Expertise(専門性)」、「A=Authoritativeness(権威性)」、「T=Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取った造語となります。例えば法律情報を扱う場合は、法律の専門家が監修したWebサイトが専門性・権威性・信頼性を満たしているとされ、検索順位上位に表示される傾向があります。

ここ数年でEATの重要性が高まり、業界の専門家が情報を発信するコーポレートサイトや専門サイトが検索順位上位に表示されるようになり、いままで不動の地位を築いていたまとめサイトの多くがふるい落とされるようになりました。

初心者も実践できるEATの記事の書き方を簡単に解説

EATは下記事項を参考にすることで記事を作成することができます。通常の記事に少しだけ工夫をするだけなので、初心者でも簡単に実践することができるはずです。

  1. 記事の専門性を高める。
  2. 取材やインタビューを行い、記事の差別化を図る。
  3. 専門家が監修していることを記事の中で紹介する。
  4. 論文や専門書などの引用を加え、記事に信頼性を持たせる。
  5. 記事中に記述している情報の出自を記載する=しっかりとリンクを付ける。

などが挙げられます。EATを満たすことでGoogleが求める良質なコンテンツに仕上げることができるため、記事の評価も上がると考えることができます。

ユーザーフレンドリーも初心者向けのSEO対策の1つ

ユーザーフレンドリーも初心者向けのSEO対策の1つ

これまでSEO対策の意味や基本的な施策をご紹介しましたが、GoogleはあくまでもユーザーフレンドリーなWebサイトを好みます。ユーザーが使いやすく、満足度の高いWebサイトを目指すことがSEO対策の本質となります。そのためには、

  1. 信頼できる良質な情報(記事)を提供し、ユーザーの疑問や問題を解決することができる。
  2. ユーザーがサイト内で迷うことなく、欲しい情報をすぐに入手することができる。

といったサイト構築が必須となり、これらを全うすることがSEOの内部対策となります。

Webサイトのページの表示速度を上げる

ユーザーフレンドリーのWebサイト構築は、記事やUI/UXだけではありません。どんなに良質なWebサイトであっても、「サイトが重くてページが表示されるまでに数十秒かかる」ようではユーザーフレンドリーとは言えません。ユーザーがストレスなくサイト内を回遊できるように、Webサイトの運営者は、サイトのページ表示速度にも気を配らなければなりません。

自社のWebサイトのページ表示速度を測定する際は、「PageSpeed Insights」がおすすめです。Googleが提供している無料のツールとなるので、登録不要で誰もが気軽に使うことができます。表示速度はパソコンとモバイルに分けて測定され、測定項目の内訳や改善項目も表示されます。

>>「PageSpeed Insights」の詳しい使い方はこちらへ

初心者がSEO対策を始める前に準備すべきツール

初心者がSEO対策を始める前に準備すべきツール

Webサイト運営の初心者の方がSEO対策を始めるにあたり、事前に準備をしておきたいツールがあります。いずれも慣れるまでに時間がかかりますが、Webサイトを運用していく中で必要不可欠な分析ツールとなるため、少しずつ使い方を学習していってください。

Googleサーチコンソール(無料)とは?分かりやすく説明

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、Googleが無料で提供するWebサイトの分析ツールの1つとなります。クリック数や掲載順位といった分析データだけではなく、XMLサイトマップの送信や被リンク元URLの確認・否認、ペナルティの有無など、サイト内の問題点を調査することができます。

Googleアナリティクス(無料)とは?分かりやすく説明

Googleアナリティクス(Google Analytics)もGoogleが提供する無料の分析ツールの1つです。ページの閲覧数や流入経路など、サイト内部のユーザーの動きを追跡することができます。上述したGoogleサーチコンソールと併用して分析・調査をするのが一般的ですが、こちらも調査項目は多岐にわたるため、少しずつ使い方を覚えるといいでしょう。

キーワードのランキング追跡ツールの意味と使い方

キーワードのランキングを追跡するソフトの多くは有料となりますが、あれば非常に心強いツールとなります。ランキング追跡ツールがあれば、登録した数百のキーワードをまとめて検索して、自分のWebサイトの記事がランクインしているかどうかを短時間で調べることができます。

ランキング追跡ツールは国産と外国産合わせて非常に多くの数が出回っており、往々にしてキーワードの抽出やURLのドメイン評価、被リンク元情報といった多様な分析機能を搭載しています。初心者が選ぶポイントとしては、1.利用料金が安い。2.使い方が簡単。3.日本人に知名度がある。といった基準で探してみるといいでしょう。外国産を選ぶ際は、日本語対応されているかどうかや、ネットで詳しい使い方を説明している記事が見つかるかどうかも事前に確かめてください。

まとめ:SEO対策で絶対はない。トライ&エラーでWebサイトをしっかり管理

まとめ:SEO対策で絶対はない。トライ&エラーでWebサイトをしっかり管理

今回は初心者向けにSEO対策の意味や、すぐに実践できる基本項目をご紹介しました。ただし、「これをやれば絶対に検索順位が上がる」というSEO対策は存在せず、頑張って書いた記事もまったく順位が上がらない、なんてこともよくあります。SEO対策はトライ&エラーであることを肝に銘じておくとともに、少しずつでも構いませんので、SEO対策について学習し、効果的・効率的な手法を見つけてみてください。

「競合サイトが多くて敵わない」、「SEO対策に費やす時間がない」といった企業は、一度SEO対策業者に相談してみるのもいいかもしれません。

>>信頼できるSEOコンサルタントを見つけるならこちらへ

CONTACT

お問い合わせ

ホームページ制作のご質問・ご相談・お見積もりはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪市中央区を拠点に関西地域にて対応いたします。

※オンラインの場合は東京を含めた全国の地域でご対応
(お打ち合わせの時間は柔軟に調整いたします)