BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

SEOに強いサイトやページを制作してWEB集客を伸ばす方法を解説

  • SEO対策

最終更新日:2022年11月10日

SEOに強いサイトやページを制作してWEB集客を伸ばす方法を解説

ホームぺージやECサイトのWEB集客を強化するためには、SEOに強いWEBサイト・ページ制作の構築が必要です。しかし、社内にWEB担当者やSEOの分野に明るい人材がいない場合、どのような施策を実践すればいいのか迷ってしまいます。

そこで、ここではWEB集客を伸ばすためにおすすめしたい、SEOに強いWEBサイトやページの制作方法をご紹介します。

CONTENTS

SEO対策とは?施策の効果とメリット

SEO対策とは?施策の効果とメリット

SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジンによるキーワード検索をしたときに、自社のホームページが検索順位の上位に表示される施策を指します。日本においてはGoogle検索エンジン(Yahooを含む)が市場の90%を占めているので、SEO対策はGoogle検索エンジンに対する対策と考えておけばいいでしょう。

多くのSEO対策を実践することにより、消費者が自社のWEBサイトを訪問する機会が増えるため、問い合わせの増加やWEB集客に非常に効果的です。大勢の人が訪問してくれるならば、精度の高いマーケティングが可能ですし、新規事業の企画にも大いに役立つことでしょう。

SEO対策とWEB広告はどちらがおすすめ?メリットとデメリット

SEO対策とWEB広告はどちらがおすすめ?メリットとデメリット

これからWEB集客の一環として本格的なSEO対策を検討している人の中には、WEB広告と比較して、どちらに注力しようか迷っている人もいます。基本概念として、SEO対策とWEB広告は相反する施策と考えてください。

SEO対策は記事コンテンツや内部設計を強化して、自社のホームページを育て価値あるものにすることが目的となります。長期的な作業が必要となるため、うまく成果が表れないと挫折してしまうこともある一方、確実かつ着実なブランディングが可能となります。

一方でWEB広告はGoogleのリスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告など幾つか種類がありますが、いずれも「お金を払っている間だけWEB集客が可能」であることがいえます。

SEO対策と比較すると短期的に効果が出やすいですが、WEBサイトの評価や価値が高いわけではないので、キーワード検索してもヒットはしませんし、広告料金の支払いをやめてしまうと、翌日から売上はストップしてしまいます。

WEB広告の中ではとりわけディスプレイ広告がはじめやすいものの、ノンターゲットの消費者が軽い気持ちでクリックすることもよくあり、実際の費用対効果は不透明な部分が多いことも覚えておきましょう。

リスティング広告の注意点

Google検索エンジンの検索結果画面上部と下段には、リスティング広告のスペースがあります。料金を支払うことで自社のWEBサイトを表示させることができますが、昨今は競合他社との競争が激化しており、表示枠を獲得するための入札価格が釣りあがっているのが現状です。

リスティング広告のような入札方式で広告スペースを買う場合は、単純な資金力の勝負となってしまうことが多々あります。表示されたいキーワードですでに大手企業が広告に入っているようであれば、広告枠を勝ち取るのは困難を強いられることが予想されます。

SEO対策方法とGoogleアルゴリズムの最新情報の収集は徹底する

SEO対策方法とGoogleアルゴリズムの最新情報の収集は徹底する

SEOに強いサイト・ページを制作するに当たり、必須となる知識が「正しいSEO対策の手法・方法」と「Googleアルゴリズムの最新アップデート情報」です。

SEO対策の手法や手段はGoogleが提示した200を超える指標を基に、独自の見解を踏まえて実施します。時代の移り変わりとともにSEO対策の方法も変わっていますが、Googleアルゴリズムのアップデートによって、ランキングされる評価指標も変わります。

特に年に数回行われる大型アップデートでは、毎回大きく順位が変動するため、専門のSEOコンサルタントやWEB制作会社も注視しています。

「EAT」を満たしたホームページはSEOに強い

「EAT」を満たしたホームページはSEOに強い

EATとは専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の英語の頭文字をとった略語で、近年はこの3つを満たしたWEBサイト構築・コンテンツ制作を心がけることが、検索順位を押し上げる要因となると言われています。

このEATは、Googleアルゴリズムが検索順位の決定に使われる直接的な要素ではありませんが、信頼性が高く、ユーザーに有益なコンテンツ作りが重要というGoogleの目指すところに合致しているため、EATを意識したサイト作りはとても大切であるとの見解が通常となっています。

権威性のあるサイトの運営方法

特に権威性に関しては、昨今のGoogle評価の傾向にある「公式ホームページや専門家の書く記事が上位表示される」ことにも関係していることから、SEO専門家の間でもとりわけ注視されています。

権威性のあるWEBサイト作りとして有効と思われるのが、
1. 専門家が記事を制作するか監修してもらう
2.記事作成者のプロフィールを付ける
3.業界の大手企業から被リンクを獲得する

などが挙げられます。いずれも簡単にできる施策ではありませんが、コンテンツ重視のWEBサイトであれば、上記を意識したサイト制作を試みるといいでしょう。

SEOに強いECサイトを作る方法と必要なこと

SEOに強いECサイトを作る方法と必要なこと

大手企業が競合になりやすいECサイト(ネット通販サイト)で、SEOに強いサイト構築を目指すのであれば、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。

ECサイトを運営するにあたっては、サービスや商品ページを念入りに作りがちです。ECサイトはコラム記事によるSEO対策はしにくいため、別の方法を考えるのがおすすめです。

ページの見た目だけではなく、内部も確かめる

ECサイトの構築は見た目のデザインに注力しがちですが、内部構造・設計を今一度確かめてみるのがいいでしょう。特に膨大な点数の商品カテゴリーを並べるのであれば、サイトマップが複雑になりがちです。ユーザー(利用者)が活用しやすいサイトになっているかだけではなく、Googleクローラーがページを回遊できる設計になっているかも確認してください。

有料・無料の分析ツールを使う

ECサイトをSEOに強くするためには、日ごろからSEO分析ツールを使って、サイトや記事・文章の最適化を図る必要があります。商品紹介ページや会社説明ページなどは文章が多いためSEO対策がしやすく、タイトルや見出しといったhタグやディスクリプションタグ、画像に指定するaltタグなどを正しく使うよう心掛けてください。

昨今は無料でも使い勝手のいい分析ツールも多数出回るようになりました。自分の目的となる施策が無料ツールで賄えるのであれば、あえてお金を払う必要はありません。

しかし、抽出したい項目や調査したい内容によっては、有料ツールでなければ厳しい場合もあります。そのときはお試し期間や口コミサイトなどで情報を収集したのち、よく吟味して申し込むツールを決めるといいでしょう。

売り上げの改善を目指そうとする場合はスマホ画面を最適化する

売り上げの改善を目指そうとする場合はスマホ画面を最適化する

ECサイトやサービスをWEBサイト上で提供する企業が売り上げの減少に直面した場合、自社のサービスやSEOを見直すと同時に、スマホ画面がきちんと最適化されているかを今一度確かめてみてください。

パソコンのブラウザではデザインやレイアウトに問題なくとも、スマホやタブレットといったモバイル端末で見てみると、写真画像のサイズが普通でなかったり、決済ボタンが装飾と被ってタップできなかったり、何かしらの挙動がおかしい場合があります。

また、スマホ画面の最適化は、Google、safari、Firefox、Edge、Operaなどスマホでよく使われているブラウザを一通り確認してください。

ページ表示速度と見やすさ・使いやすさにこだわる

ページの表示速度は、直接ランキングの上位表示に関わるものではありませんが、ユーザーが使いやすいモバイルフレンドリーであることはGoogleの評価基準となっているので、表示速度の改善は大切な施策の1つと捉えることができます。

WEBサイトのページ表示速度を調査したい場合は、Googleが提供する「PageSpeed Insights」がおすすめです。合格・不合格と点数で表示されるため分かりやすいですし、不十分な項目は一覧として見ることができます。

PageSpeed Insights:https://pagespeed.web.dev/?hl=ja

タイトル・キーワードは検索ニーズを意識する

SEOに強いサイトにするためには、各ページのタイトルタグや記事のテーマ・キーワードをもう一度確認してみてください。

記事のタイトルはGoogleの検索結果に表示されるため、ユーザーがクリックするか否かを決める大切な要素となります。タイトルの訴求力はもちろん、画面に表示される文字数まで気を配れるとなおいいでしょう。

記事には検索にヒットしてほしいキーワード・テーマを1つ決めてください。このときの注意点は「検索ニーズ・検索意図を考慮する」ことです。

例えば「通販で買えるおすすめのノートパソコン」を紹介する記事を作成する際は、まずは検索エンジンで「ノートパソコン+通販+おすすめ」と検索して、どのような記事が上位にヒットするのか傾向を確かめてみましょう。

上記のキーワードでは、通販で購入できるおすすめのノートパソコンだけではなく、「安く買う方法」、「格安ノートパソコン」などがランキングおよび関連キーワードに表示されています。

つまり、「ノートパソコン+通販+おすすめ」のキーワードで検索するユーザーは、通販でノートパソコンを買いたいという顕在化された欲求と、安いノートパソコンを求めているという検索意図が見え隠れしていると言えます。

このように検索意図を意識した記事の更新を続けることで、Googleから高い評価を受け、着実にSEOに強いサイト・ページを制作することができます。

WordPress(ワードプレス)は内部構築の手間がかからないことがSEOに強い理由

WordPress(ワードプレス)は内部構築の手間がかからないことがSEOに強い理由

初心者でも簡単にSEOに強いWEBサイト・ページを作ることができるのが「WordPress(ワードプレス)」です。WordPressは誰もが無料でホームぺージを作成できるCMSで、日本および世界で市場シェア1位を握っています。

WordPressは既存テーマ・テンプレートを基にカスタマイズを加えながらホームページを作成していくため、内部設計上の大きな失敗はしにくくなります。

初心者がWordPressでサイトを構築する場合でも、テンプレートに画像や記事を当てはめるように作成していけば、うまい具合のサイトツリーができあがりますし、プラグインを活用することによって、エンジニアでなくともホームページをカスタマイズすることができます。

WordPressで運用するときはサイトが重くなりがちな点に注意

一方、WordPressで運用を続けていくとサイトが重くなりがちです。理由はいくつか考えられますが、プラグインの増加やリビジョン、キャッシュ、バックアップなど、内部データの蓄積が原因であることが多いです。

サイトが重くなると表示速度が遅くなるため、ユーザーの離脱率の増加を招く恐れがあり、結果的にGoogleからのサイト評価を落とし、検索順位が下がってしまう可能性があります。

解決方法としては、不要なデータやプラグインは削除したり、画像サイズの最適化などが挙げられます。画像遅延読み込みやキャッシュ作成など、サイトの表示速度を高速化するプラグインはいくつかありますが、レイアウトに不具合が起きやすいので、導入時に注意が必要です。

WordPressはセキュリティが脆弱。しっかりと対策を

WordPressはオープンソースのため、ハッカーやクラッカーから狙われやすいソフトウェアでもあります。WEB初心者の中には、プラグインの更新やWordPressのバージョン更新を疎かにしたり、セキュリティ系のプラグインを導入せずに運用している人もいます。

企業の運営するWEBサイトへの不正アクセスは、データの改ざんだけではなく、個人情報漏洩にも繋がり、場合によっては会社の信用問題にも発展しかねません。

WordPressとサーバーのセキュリティはしっかりと構築するとともに、不正アクセスされたときに迅速に復旧できるよう、日頃からバックアップをとり、オンライン・オフライン双方で保持しておくようにしてください。

無料で作れるホームページ作成サービスは初心者でもおすすめできない

無料で作れるホームページ作成サービスは初心者でもおすすめできない

WordPress以外にも初心者が気軽にホームページを制作できるCMSツールがあります。中には制限付きで無料でホームページを持てるサービスを提供するところもありますが、やはりどこも運用にあたっては大きな障害があり、SEOに強いサイトはもちろんできませんし、結局は有料プランへの布石に過ぎません。

SEO対策をあまり必要としない個人ブログであれば構いませんが、企業が利益やブランディングを目的にWEBサイトを運用するのであれば、しっかりと予算をとって外注することを強くおすすめします。

JimdoやWixでWEBサイトを運営している人の注意点と留意点

ホームページ作成ツールの中ではWixとJimdo(ジンドゥー)が有名です。いずれも無料でホームページを作成することができますので、最初はテンプレート・デザインや使い勝手を見る意味でも無料で登録してサイトの価値を確かめてみるのがいいでしょう。

ただし、無料では独自ドメインが取得できない、広告が表示される、ECサイトの作成ができないといったデメリットがあり、本格的な運用は現実的ではありません。

また、JimdoもWixもホームページのデザインや記事のエクスポートができないため、別のサーバーに引っ越しをするときは、手動で記事をコピペしながら移動させる必要があります。

記事やコンテンツが増えれば増えるほど引っ越しが大変となるので、もし将来的にサーバーを変えたりWordPressで作り直すことを視野に入れるのであれば、早いうちに決断するのがいいでしょう。

記事コンテンツを作るときは検索キーワードを意識・比較する

記事コンテンツを作るときは検索キーワードを意識・比較する

記事やコンテンツを作成する際は、自分の書きたいことを書けばいいというわけではありません。企業がWEBサイトを運営する目的に沿って、業界関係の情報記事や商品・製品・サービスの紹介記事などを書くことになります。

また、SEOに強いサイト作りの一環として、「検索数の多いキーワードを狙う」ことも大切です。検索ボリュームの大きいキーワードで上位表示に成功すれば、ユーザーに自社をPRする機会の増加に繋げることができます。

検索キーワードのボリュームや予想訪問者数は分析ツールを使うことで比較的簡単に調べることができますが、すべてのキーワードを網羅しようとすると、時間がいくらあっても足りません。

検索ボリュームが大きいものから順に記事を作るのではなく、まずは自社商品やサービスに直接関係あるキーワードから攻めてみるのがおすすめです。

検索ボリュームを調査する分析ツールは無料と有料どちらがおすすめ?

検索ボリュームを簡単に調査する場合は、Googleが無料で提供している「キーワードプランナー」を利用するのがおすすめです。広告料を支払っていないと、「10~100」のようにアバウトな数字しか確かめることはできませんが、多少の目安にはなりますし、キーワードの抽出にはもってこいのツールとなります。

また、その他にも有料分析ツールの会社が、1日数回まで無料で検索ボリュームを調べられるサービスを提供していたりします。

無料の分析ツールの場合は調査できる範囲が狭いのですが、複数の無料ツールを併用することによって、ある程度の情報調査が可能です。記事を制作していく上で、無料ツールでは不十分と感じるようになった段階ではじめて有料ツールを検討するのがいいでしょう。

SEOに強く集客力の高いブログ記事を書くコツ・ポイント・テクニックを解説

SEOに強く集客力の高いブログ記事を書くコツ・ポイント・テクニックを解説

SEOを目的でブログ記事を日々投稿する場合は、単に文章が上手いだけではいけません。Googleから評価される記事を書くためには、上述したように検索ニーズを理解し、執筆するテーマやキーワードを選定し、正しいHTML文法、hタグを用いる必要があります。

いずれもある程度の学習コストが必要ですし、ライターとは別に編集者も選定しなければなりません。費用対効果を考えると、外部ライターやSEOコンサルタントに記事の外注をするのも有益です。

ロングテールを網羅して着実にSEOに強いサイトを構築する

検索ボリュームの大きい記事は、大手企業や競合サイトも対策を試みているため、どんなに良質な記事を書いてもそう簡単に上位表示はされません。

そのため、まずは複数のワードからなるロングテールを網羅するのがおすすめです。例えば「ノートパソコン+安い」という2語のキーワードはライバルサイトが多いため、「ノートパソコン+安い+5万円以下」というワードであれば、前者より検索ボリュームは落ちますが、狙いやすいキーワードと言えます。

公開した記事はタグよりもカテゴリー分けして管理する

公開した記事はタグよりもカテゴリー分けして管理する

作成した記事はカテゴリー分けをしつつ、タグクラウドを設定することでユーザーの回遊率を上げたり、インデックス数を増やすことが期待できます。

しかし、タグクラウドは諸刃の剣ともなり、しっかり管理していないと、Googleからマイナスの評価を受けることもあります。

例えば「東京」と「東京都」は同じ意味のタグクラウドと想定されますが、両方のタグページが存在していると、重複ページとみなされる可能性があります。

また、タグページをnoindexに指定してもGoogleから評価を受けて検索にヒットすることもあります。本当にヒットしてほしいコンテンツページを差し置いてタグページが順位に表示されてしまうと、CTRの低下を招きます。

タグ管理が不安な人は、公開する記事はすべてカテゴリーで分けるのがおすすめです。

今より検索ランキングを上げる場合はサイトのリニューアルも考える

今より検索ランキングを上げる場合はサイトのリニューアルも考える

あらゆるSEO対策を講じてもなかなか検索順位が上がらないケースもあります。そのときは思い切った対策が必要となるでしょう。もしGoogleからペナルティを受けている可能性があれば、URL(ドメイン)を変更するのも有効な方法です。

また、ユーザビリティに問題があるようならば、WEBサイトをリニューアルすることで大幅な改善をすることができます。ただし、デザインはユーザビリティの改善には役立ちますが、SEOに直接関係はありません。サイト設計から抜本的な改革をしたい場合は、新しくWEBサイト自体を作り直す必要が出てくるかもしれません。

ホームページ制作にかかる費用や人気業者の選び方

ホームページ制作にかかる費用や人気業者の選び方

ホームページ制作をIT企業に外注する場合は、単純なコーポレートサイトで30~70万円。オリジナルのデザインでしっかりと構築するならば70~100万円。ECサイトは150万円~が費用感となりますので、予算をとるときの参考にしてください。

人気の業者は費用対効果に優れていることが挙げられます。コーポレートサイトであれば、自社が考えていた以上の見た目・デザインであったり、納品後に使い方をレクチャーしてくれたりと、サポートが優秀です。

費用は多少高くついても、最初にしっかりとしたWEBサイトを作ってもらう方が3年後5年後の運用を見据えると安く済むのが普通です。

WEB制作会社と契約する前に確認するべきこと

WEB制作会社と契約する前に確認するべきこと

ネットで情報収集を行い、複数のWEB制作会社を見つけたら、打ち合わせを通じて担当者の人柄・性格を見定めましょう。もちろん相見積もりも必要で、相場よりも高い場合は値段交渉ができることもあります。

また、契約前には料金に含まれているものや運用後のサポート体制なども確認するようにしてください。基本的に不具合が発生した場合は、当該WEBサイトを制作した会社に修正依頼をすることになりますので、長い付き合いとなることを想定してWEB制作会社を選ぶようにしましょう。

WEBマーケティングに強い!SEO特化のサイト作成「ホームページ制作大阪ドットコム」

大阪に本社をおく「ホームページ制作大阪ドットコム」は、SEOに強いWEB制作を心がけてくれる優良企業です。SEO対策以外にも外国語翻訳、SEOコンテンツ作成、SNS運用、広告運用などWEBマーケティングを得意とするのが特徴です。

創業1998年の老舗で、時代を先取りする能力に長けた技術家集団のため、Googleアルゴリズムの変化にも影響しない強固なSEO対策を実施することができます。

公式HP:https://gelatocms.com/service/webmarketing/seo/

まとめ:SEOに強いサイト構築でWEB集客を成功。プロに任せるのがおすすめ

まとめ:SEOに強いサイト構築でWEB集客を成功。プロに任せるのがおすすめ

WEB集客を本格的に考えるならば、SEOに強いサイト構築が必要不可欠です。しかし、SEO対策は専門的な知識や実績に基づいた見解と施策が求められるため、社内で内製化するのは限界があります。

まずはSEO対策の専門家に現状を相談してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

お問い合わせ

ホームページ制作のご質問・ご相談・お見積もりはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪市中央区を拠点に関西地域にて対応いたします。

※オンラインの場合は東京を含めた全国の地域でご対応
(お打ち合わせの時間は柔軟に調整いたします)