BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

YouTube動画のSEO対策や検索キーワードの調査方法も解説【2022年版】

  • SEO対策

最終更新日:2022年11月22日

YouTube動画のSEO対策や検索キーワードの調査方法も解説【2022年版】

収益を目的としてYouTube(ユーチューブ)に動画を更新している人は、SEO対策はしっかりと行っていますか。Google検索はもちろん、YouTubeのサイトの中でもSEO対策は有効となります。

キーワード検索結果の上位表示を目的とするSEO対策は、闇雲に動画を更新するよりも視聴回数の増加に効果的な施策となります。ユーチューバーをはじめ、動画関連に携わる人は、ここで解説するSEO対策の手法を覚えておいてください。

CONTENTS

YouTube動画やGoogle検索の重要な要素。「SEO対策」とは

YouTube動画やGoogle検索の重要な要素。「SEO対策」とは

SEO対策とは、GoogleやYahooのような検索エンジンにキーワードを打ち込んだ際に、自社のWEBサイトを検索結果画面の上位に表示させる施策を指します。日本では主にGoogle検索エンジンの利用率が高いので、基本的にGoogleのSEO対策のみ行っていれば問題ありません。

しかし、これはあくまでも検索エンジンにおける話であり、YouTubeはGoogle検索エンジンとは異なるアルゴリズムを採用しているため、改めてYouTubeに特化したSEO対策(VSEO対策)が必要となります。

YouTubeのアルゴリズムを理解するのが検索上位表示のコツ

YouTubeのアルゴリズムに沿った対策をすることで、自分のチャンネルをより多くのユーザーに伝えることができます。YouTubeのアルゴリズムは検索結果だけではなく、ホーム画面や関連動画、急上昇といったページ・カテゴリーの表示チャンネルにも関連します。

チャンネル登録者数や平均視聴回数が少なくとも、YouTubeのアルゴリズムに則したSEO対策に取り組むことによって、自身のチャンネルが表示されやすくなり、収益化への近道となることが期待できます。

YouTube動画の広告収益アップ!SEO対策が必要な理由

YouTube動画の広告収益アップ!SEO対策が必要な理由

YouTubeで動画の収益化、および視聴者数や再生回数を増やして広告収益の増加を狙うのであれば、上記の通りSEO対策を講じることを強くおすすめします。

また、今回ご紹介するのは、Google検索エンジンとYouTubeの双方でSEO対策を講じる方法です。Googleのキーワード検索によるSEO対策がうまくいけば、自分の動画がピンポイントで検索結果に表示される可能性があり、ライバルとなるユーチューバーを出し抜くこともできるかもしれません。

近年はGoogle検索でYouTube動画が上位に表示される

2010年代以降は、Googleでキーワード検索をすると、高い確率で1ページ目の上位にYouTubeの関連動画が表示されるようになりました。例えば「新作ゲーム+おすすめ」と検索すると、1ページ目の上位にYouTube動画がサムネイル付きで表示され、非常に存在感があります。

日本国内の検索エンジンシェアランキングを見てみると、GoogleとYahooでおよそ95%を占めています。YahooはGoogleのアルゴリズムを採用しているので、事実上ほとんどのインターネットユーザーはGoogleを使用していると言えます。そのため、Google検索のSEOを成功させることによって、YouTubeユーザー以外のネットユーザーにも自分のチャンネルを訴求することができます。

YouTubeとWEBサイトのSEO対策の方法は似ている

ご存知の通り、YouTubeはGoogleが提供するコンテンツとなります。そのため、GoogleがYouTubeを戦略的に重要なツールとみなしている限り、今後もYouTubeの動画をGoogle検索結果で贔屓する傾向は変わらないという見方が強いです。

「GoogleのSEOだけでも大変なのに、YouTubeのSEOまで気を回している暇がない」という人もいるかもしれませんが、YouTubeとWEBサイトにおけるSEO対策の方法にそれほど大きな違いはありません。下記で解説する幾つかのポイントを日ごろから押さえておくだけで、大幅に改善できる見込みがありますので、是非実践してみてください。

YouTubeのSEO対策で必須のキーワード選定のポイント

YouTubeのSEO対策で必須のキーワード選定のポイント

YouTubeのSEO対策で最重要となる施策の1つが「キーワード調査」です。視聴者はYouTubeの検索窓にどのようなキーワードを打ち込むのかを知ることは、SEO対策における基本となります。

YouTubeの検索窓でサジェストワードを確認する

YouTubeの検索窓にキーワードを入力すると、候補となるワード一覧が表示されます。こちらは「サジェストキーワード」と呼ばれるもので、全国のユーザーがよく検索している関連ワードとなります。表示されるワードはブラウザや地域による違いはありませんが、時期や時間によって違いが発生します。動画のテーマやタイトルを決める上で重要な要素となるので、必ずチェックするようにしましょう。

Google検索のSEOキーワードを調べる

上述したように、Google検索エンジンのSEO対策も無視はできません。大変な作業に思えるかもしれませんが、実はGoogle検索のSEOキーワードに関しては、数多くの無料・有料ツールが出ているため、それほど苦労はしません。Googleが無料で提供しているキーワードプランナーでも、検索ボリュームに応じたキーワードを抽出することができるので参考にすることができます。YouTubeのSEOを重視したい人は、Google検索における分析ツールは無料でも構わないでしょう。

キーワードプランナー:https://ads.google.com/aw/keywordplanner/

競合分析はSEO対策の基本。狙うキーワードはよく考える

キーワードを選定するときは、同時に競合分析も怠らないでください。自分が狙いたいキーワードを検索したとき、関連性の高い動画がすでにたくさん表示されている場合は、多くの動画配信者が同キーワードを狙っていると解釈できます。

Google検索においても、すでにYouTubeの動画が上位表示されていると、それに代わって自分の動画がランクインされる可能性は低いと考えることができます。無理しないで別のキーワードを狙うのも時には大切です。

自力では大変!便利なキーワード分析ツールで即改善&最適化がおすすめ

自力では大変!便利なキーワード分析ツールで即改善&最適化がおすすめ

例えば「ワイン」をテーマにした動画をYouTubeに更新する場合、まずはネットユーザーがワインに関わるどのようなキーワードを検索にかけているかを知らなければなりません。しかし、キーワードの抽出を自力で行うのは困難が伴い、何よりも時間と労力がかかります。

そこでおすすめしたいのが「キーワードの分析ツールの活用」です。Google検索エンジン、およびYouTubeのいずれに対応した分析ツールが出ていますので、本格的にSEO対策を講じたい場合は、適宜分析ツールを利用することをおすすめします。

無料と有料どちらのSEO分析ツールがおすすめ?

無料と有料どちらのSEO分析ツールがおすすめ?

ほとんどの分析ツールは、キーワードの抽出のみではなく、SEO対策に関わる全般の調査が可能です。無料と有料のツールがありますが、YouTubeのサイト内のSEO対策に重きを置くのであれば、Google検索エンジンの分析ツールは無料でも構いません。

ちなみに有料版となりますが、Googleを含む世界の主要検索エンジンとYouTubeの双方を1つの分析ツールで賄うことができるソフトもあります。「Ahrefs(エイチレフス)」は日本および世界で有名な分析ツールの1つですが、2019年にYouTubeに対応済です。

無料版であれば「ラッコキーワード」が非常に優秀なキーワード抽出ツールとなります。キーワードを検索窓に打ち込むだけで、サジェスト、共起語、類義語などあらゆる角度で関連語の一覧をリスト化することができます。なお検索数を調べる場合は有料サービスへの申し込みが必要です。

Ahrefs公式HP:https://ahrefs.jp/

ラッコキーワード公式HP:https://related-keywords.com/

使えるSEOキーワード分析ツールを紹介

使えるSEOキーワード分析ツールを紹介

SEO対策で有効なキーワード分析ツールは数多くあります。分析ツールによって特徴や強みは異なりますし、使い勝手も大きく違うため、有料版への登録を検討している場合は、まずは無料体験できるツールから試してみるのがおすすめです。

下記では検索エンジンやYouTubeのSEO対策におすすめしたい分析ツールをご紹介します。

独自の評価スコアも表示「vidIQ(ヴィッドアイキュー)」

独自の評価スコアも表示「vidIQ(ヴィッドアイキュー)」

世界中のユーチューバーに支持されている「vidIQ(ヴィッドアイキュー)」は、YouTube専門のSEO対策ツールとなります。自分のチャンネルだけではなく、YouTube内のすべての動画の詳細情報を一目で見ることができます。

vidIQ独自の採点スコアもあるため、動画品質の可視化にも役立ちます。競合調査では1日の平均登録者数や設定されているタグなど、1日平均と直近30日間のデータを洗い出すことができます。キーワード調査機能をフル活用したいのであれば、月額7.5ドル、理想は月額39ドルのプランを選択するといいでしょう。

公式HP:https://vidiq.com/

世界的に有名なSEO対策ツール「Ahrefs YouTube Keyword Tool」

世界的に有名なSEO対策ツール「Ahrefs YouTube Keyword Tool」

上記でもご紹介した「Ahrefs」は、SEO対策の専門家も導入している分析ツールです。検索エンジン対策では、キーワード抽出の他、キーワードのランキング追跡や外部からリンクを受けている数(被リンク数)、被リンク元のサイト品質、サイトのトラフィック、流入元など詳細分析ができ、簡単に資料化することができます。

YouTubeにおいては、「Ahrefs YouTube Keyword Tool」を利用することができます。YouTube内のユーザーの検索動向やキーワードの検索数を調べることができます。月額は最安値で99ドルと他の分析ツールと比較すると割高ではあるほか、残念ながら無料体験版がありません。これまでSEO対策ツールを利用したことがない人にとっては、使いこなせるか心配のため、まずは別のツールを使って、物足りなくなったらAhrefsを検討・判断するのがいいかもしれません。

公式HP:https://ahrefs.jp/

急上昇キーワードで瞬間的な再生回数増加を狙う「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」

急上昇キーワードで瞬間的な再生回数増加を狙う「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」

「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」は中国発のYouTube分析ツールですが、日本語対応しているため日本人ユーチューバーの間でも役立つツールとして話題を集めています。国別、カテゴリー別、ジャンル別で急上昇キーワードを調査することができ、その時分にマッチした動画をあげることが可能です。

また、チャンネル比較も優秀で、自分とライバルのチャンネルをあらゆる要素で比べて、自分の動画に足りないものを適切に分析できます。分析結果はグラフやスコアで可視化されるだけではなく、独自AIで改善点を提案してくれるのも嬉しい機能です。

公式HP:https://jp.noxinfluencer.com/

ユーチューバーを支援!国産分析ツール「KamuiTracker(カムイトラッカー)」

ユーチューバーを支援!国産分析ツール「KamuiTracker」

「KamuiTracker(カムイトラッカー)」は日本国産のYouTube専門の分析ツールとなります。運営会社である株式会社エビリーでは、ユーチューバー(YouTuber)およびユーチューバー事務所へのSEO対策・分析・コンサルタント業務を行っております。

また、チャンネル登録者数が100人以上であれば、KamuiTrackerのツールを無料で使用することができます。リアルタイムのトレンドキーワードを発見したり、現在公開されているタイアップすべきユーチューバを膨大なデータの中からAIが自動的に選んだりと、分析というよりは動画の企画立案に役立ちます。

公式HP:https://kamuitracker.com/

YouTubeチャンネルの動画はアナリティクスの機能を活用する

YouTubeチャンネルの動画はアナリティクスの機能を活用する

近年はYouTubeの専門分析ツールも増えてきましたが、いずれも有料プランへの加入が必須となります。まだチャンネルが育っておらず、収益化の目途も立っていない段階で毎月支払いが発生するのはできれば避けたいところです。

そこでおすすめしたいのが、YouTubeのアカウント内にある「YouTubeアナリティクス」の活用です。YouTubeにチャンネルを作っている人なら誰もが無料で利用できるツールです。

YouTubeアナリティクスの活用方法は主に動画の改善にあります。クリック率やインプレッション数はもちろん、人気の動画、平均視聴時間、視聴者のYouTubeへのアクセス時間などを調査できるので、自分の動画が視聴者にどのように評価されているのかを分析できます。

YouTubeのメタタグもランキングを上げる要素の1つ

YouTubeのメタタグもランキングを上げる要素の1つ

YouTubeで自分の動画の露出を増やすことを考えた場合、まず挙げられる対策が「メタタグの最適化」です。メタタグの改善は検索結果の表示順位やホーム画面に表示される動画一覧に直接影響があるとされているので、いままでタグを気にしていなかった人は、最低限下記で紹介するタグ設定は試してみるといいでしょう。

1.検索にヒットさせるためのキーワードを考える「タイトル」タグ

動画のタイトルはYouTubeのキーワード検索時にヒットするため、検索して引っかかってほしい言葉・単語を混ぜてください。また、タイトルは24~35文字程度に収めるとすべて表示され、もし文字数が溢れてしまうと、「……」と表示されます。

また、YouTubeはGoogle検索と異なり必ずサムネイルが付くので、画像の訴求力も大切です。思わずクリックしたくなるようなインパクトのある写真に加工すると共に、視聴者がタイトルと併せて動画の内容をイメージできるように工夫するといいでしょう。

2.「説明&概要欄」にもSEO対策のテクニックを盛り込む

動画のタイトル下には説明欄・概要欄の表示スペースが設けられています。フリーテキストで記述できるので、一般的には動画の詳しい内容や要点を紹介するために使いますが、ここの文章もSEO対策としては重要な要素となります。

概要欄には5000文字までテキストを挿入することができますが、興味を持ってくれた視聴者がストレスなく全部読んでくれるのはせいぜい200~300文字程度となります。

・動画の説明
・ハッシュタグ
・他の動画やWEBサイトへの誘導リンク

概要欄には上記を記述するとともに、タイトルタグと同様に検索してほしいキーワードを複数回盛り込むとなおいいでしょう。

3.「ハッシュタグ」も使いこなせるように

概要欄にはハッシュタグを記述することもできます。ハッシュタグは3つまで画面に表示され、15個まで記載できます。16個以上つけてしまうと、すべてのハッシュタグが無効となってしまうので注意が必要です。

ハッシュタグは自分の動画と関連性の高いキーワードのみを付けるようにして、URLをハッシュタグにすることも禁止されています。「2022年+ワールドカップ」のように、2語以上の単語は認識されず、最初の「2022年」のみが反映されてしまうので、「2022年ワールドカップ」とスペースを空けず1語に纏める工夫が必要です。

アンケートやコメント返信も。視聴者との交流が視聴時間を伸ばす

アンケートやコメント返信も。視聴者との交流が視聴時間を伸ばす

上記はYouTube上の主要なSEO対策をご紹介しましが、視聴者にとってのYouTubeの魅力は、「ユーチューバーと交流できる」ことにあります。YouTubeアカウントの中の「コミュニティ」にあるアンケート機能は、視聴者との交流および意見を直接聞くことができる貴重なツールです。

また、動画の視聴回数がある程度増えたら、少しずつコメントも付くようになりますし、毎回動画を見にきてくれるファンも増えることでしょう。些細なコメントであっても時間が許す限りはグッドやハートを付けたり、短文でも構いませんので文章で返信すると視聴者は喜んでくれるはずです。

会社が再生回数を増やすためにやってはいけないこと

会社・企業が自社のブランディングのためにYouTubeに動画を更新する機会もあるかもしれません。しかし、収益の増加や再生回数を増やすためとはいえ、YouTubeの利用規約に反する行動をすると、即アカウントの停止処分となります。

自分で大量のGoogleアカウントを作って登録者数を水増ししたり、配信者同士が結託して相互登録をする行為も厳禁となります。また、近年は配信者のモラルが懸念されており、良かれと思ってあげた動画が思わぬ炎上騒動に発展することもあるかもしれません。会社としてYouTubeを運営する以上、たとえ収益のためであっても、自社の評判を貶める行為は避けるようにしましょう。

SEO対策のテクニック。人気のWEBサイトに自分の動画を記事にしてもらう

SEO対策のテクニック。人気のWEBサイトに自分の動画を記事にしてもらう

なかなかYouTubeのSEO対策の効果が実感できないのであれば、Google検索のSEO対策に注力するのもいいでしょう。自身でブログを持っていれば、自分の動画を紹介することができますが、ブログ自体の検索順位が低ければ、訪問者が少ないため効果はそれほど期待できません。

そこでおすすめしたいのが、自分が欲しいキーワードを検索したときに、既に上位に表示されているWEBサイトに問い合わせて、自分の動画を紹介してもらうことです。場合によっては広告料を支払う必要があるかもしれませんが、そのサイトを経由して自分の動画にユーザーが流れてくる可能性が高いので、予算をとる価値はあるでしょう。

結果を求めるならSEO対策関連はホームぺージ制作会社に代行を依頼

結果を求めるならSEO対策関連はホームぺージ制作会社に代行を依頼

検索エンジンやYouTubeのSEO対策は、短期的には効果が感じられないかもしれません。また、日ごろからキーワード選定や動画分析、タグの見直しをしなければならないため、時間と手間は想像以上にかかります。

そこで、本当にSEO対策に対して結果を追求したいのであれば、IT企業に代行依頼を検討するのも1つの有効な手段です。
ホームページ制作会社の中にはSEO対策やYouTubeといったデジタルマーケティング全般を請け負っているところが多くあります。制作会社によって強みは異なりますし、料金もピンキリとなるので、まずは複数のIT企業に相談して費用感を確かめてみてください。

YouTubeとGoogleの検索上位を狙うなら「ホームぺージ制作大阪ドットコム」

「ホームページ制作大阪ドットコム」は、大阪府を中心に全国から依頼を受けるホームページ制作会社です。創業1998年の老舗を誇るIT企業で、ホームページ作成を中心にSEO対策・YouTubeマーケティング・SNS(TwitterやFacebook)運用など、あらゆる分野のコンサルタント実績があります。

ホームページ制作大阪ドットコムは、とりわけYouTubeとGoogleのSEO対策に強みを持っているのが特徴で、Googleにおける指定キーワードの検索順位上位表示、YouTube上の動画の露出アップを得意としています。

将来を見据えたYouTube運営を目指すのであれば、一度いまの状況を踏まえて相談してみてはいかがでしょうか。

公式HP:https://gelatocms.com/service/webmarketing/seo/

まとめ:YouTubeのSEO施策はサポートをしてくれる専門家に任せるのがおすすめ

まとめ:YouTubeのSEO施策はサポートをしてくれる専門家に任せるのがおすすめ

今回はYouTubeで収益向上を狙う人のために、SEO対策をご紹介しました。YouTubeも近年は競争が激化し、安定した収益を上げるためには綿密な戦略と専門知識が必要となります。もし自分でSEO対策の方法が分からない、自分のやっている対策が正しいのか教えてほしい、と言う場合は、一度WEBコンサルタントに任せてみるのがおすすめです。

CONTACT

お問い合わせ

ホームページ制作のご質問・ご相談・お見積もりはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪市中央区を拠点に関西地域にて対応いたします。

※オンラインの場合は東京を含めた全国の地域でご対応
(お打ち合わせの時間は柔軟に調整いたします)