BLOG

WEB&ITのナレッジキャピタル

コンテンツSEOとは?メリットや手順を初心者でもわかりやすく解説

  • SEO対策

最終更新日:2023年01月11日

コンテンツSEOとは?メリットや手順を初心者でもわかりやすく解説

SEO対策を実施する上で「コンテンツSEO」による対策は、必ず求められるWebマーケティングの1つとなります。

記事を書くこと自体は誰もができるので実施がしやすいのが魅力ですが、Google検索順位で上位表示を勝ち取るためには、学習するべき知識が数多くあります。

そこで、ここではSEO対策の柱となるコンテンツSEOの概要はもちろん、メリットややり方・手順などを初心者向けに分かりやすく紹介します。

CONTENTS

SEO対策はGoogle検索の上位表示に重要なWebマーケティング

SEO対策はGoogle検索の上位表示に重要なWEBマーケティング

SEO対策とは、Googleのキーワード検索をした際に、検索結果画面において上位表示を狙う施策となります。一般的には1ページ目(1位から10位)の表示を目指すものとして認識されています。

近年はインターネットの普及により、ほとんどの企業がネット集客に力を入れています。2020年より始まった新型コロナによって対面営業が難しくなり、よりWebを介した集客が注目されるようになりました。

WebマーケティングといえばアフィリエイトやSNS、広告運用、メルマガなども該当しますが、その中でもSEOはプライオリティの高い施策とみなされています。

SEO対策には内部施策と外部施策がある

SEO対策は一般的に「内部施策」と「外部施策」の2つの種類に分けることができます。外部施策とは主に被リンク(バックリンク)の獲得に注力することとなり、内部施策はWebサイトをユーザーフレンドリーにし、適切なHTML文法を用いてクローラーがサイト内を回遊しやすくする施策となります。

コンテンツSEOも内部施策の一部となり、ユーザーにとって有用性の高い記事の更新を続けることにより、検索結果ページの順位を上げることを目的とします。

内部施策であるコンテンツSEOの基本と期待できる効果を理解する

内部施策であるコンテンツSEOの基本と期待できる効果を理解する

コンテンツSEOの基本は、ページ内のHTML文法を適切に使い、なおかつユーザーの疑問に答えるような有益なコンテンツを日々更新することにあります。

コンテンツSEOが成功したときに得られる成果は「Googleの検索順位が上がる」こととなりますが、企業が目的・目標にするべきはその先にある企業利益であることは覚えておかなければなりません。

Googleの検索順位を上げることだけに固執してしまうと、「特定キーワードで1位になったけど問い合わせがまったくない」、「月間PVで10万を超えたけど注文がほとんどない」のように、SEO自体はうまくいっても、本来の目的を達成できない状況に陥ることもよくあります。

コンテンツSEOの3つのメリット

コンテンツSEOの3つのメリット

しっかりとWebマーケティングを行った上でコンテンツSEOを実践し、複数のキーワードで検索順位上位を獲得することに成功した場合、企業やサイト運営者は具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

1.自社のブランディングができる

まず、コンテンツSEOは自社のブランディングに非常に役立ってくれます。

例えば自社製品の仕様を調べたいと思ったユーザーが検索エンジンでキーワードを打ち込んだ際に、メーカーの公式HPではなく、第三者のまとめサイトや口コミサイトが上位に表示されているようであれば、Web上における自社ブランディングに成功しているとは言い難いものがあります。

また、自社に関するネガティブな口コミや誹謗中傷などが自社サイトよりも上位にヒットしてしまうと、ブランディングの低下に繋がることは必至。SNSを含むあらゆるWebメディアに対して早急に手を打たなければ多大な機会損失を被ることになります。

2.ネット集客・マーケティングができる

コンテンツSEOである程度成果が出ると、大勢のユーザーに自社サイトを閲覧してもらうことができます。本来ならば市場調査会社に依頼するべきようなマーケティングも、場合によっては自社で賄うことができるでしょう。

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールといった無料の分析ツールを使うことによって、どのページがどれだけ閲覧されているのか、ページの流入元、ユーザーの性別や年齢層、地域といったペルソナも確認することができます。

自社サイトによるコンテンツSEOの最終ゴールを資料請求や商品の販売などに据え置いている人も多いでしょう。コンテンツSEOはネット集客に欠かせない重要な要素となるはずです。

3.企業の事業の柱として大きな売上を期待できる

コンテンツSEOに成功し、ネット集客で一定の成果が出始めると、Webによる市場規模の大きさを身に染みて理解するようになります。

ユーザーニーズや潜在顧客の把握など、日ごろからマーケティングを怠らないようにすれば、安定した利益を出せるころには企業の1つの事業の柱として、大きな売り上げを期待できるようになるでしょう。

コンテンツSEOの実施にはデメリットも理解しておく

コンテンツSEOの実施にはデメリットも理解しておく

上記ではコンテンツSEOのメリットを紹介しましたが、それと同時にコンテンツSEOにはデメリットも幾つか挙げることができます。

デメリットをよく理解した上で実践しないと「こんなはずじゃなかった」と事業計画が頓挫してしまうことにもなりかねません。

コンテンツSEOの成功と実感には時間がかかる

Webにあまり詳しくない人によく誤解されるのが「正しいSEO対策を実践すれば数か月後に効果がある」、「専門のコンサルタントにお金を払って契約すれば、必ずキーワードの上位表示が可能」というものです。

しかし、コンテンツSEOを含むSEO対策は、即効性があるものではなく、「これをやれば必ず上位に記事が上がる」と断言できる対策も残念ながらありません。

そのため、中長期の期間を視野に予算を確保し、効果検証を繰り返しながら成果を出していくことを忘れないようにしてください。

検索順位の上位表示に成功しても売上が上がらないことがある

コンテンツSEOやそのほかWebマーケティングを行い、キーワードの上位表示に成功しても、必ず売り上げがついてくる保証はありません。

SEOのメリットは上述したように、Googleの検索エンジンにおいての上位表示となりますが、それで売り上げがあがらないのであれば、「閲覧しているユーザーがターゲットではない」、「コンテンツの訴求力が低い」、「コンバージョン(資料請求や問い合わせ、注文)に達していない」などが考えられます。

いずれもSEO対策だけでは補えない要素となり、サイトのユーザビリティやそもそもの自社製品・サービスのブランディングや競争力の見直しなどが求められます。

Webマーケティングの専門家の多くは「SEOに成功するだけで売り上げは増加しないことが多い」と考えるように、SEOとCRO(コンバーション率最適化)のバランスが大切となります。

書いてお終いではなく継続的なリライトと分析が必要になる

コンテンツSEOの主軸となる記事は、自社のスタッフが更新するにしろ外部ライターを雇うにしろ、一度書いてお終いではありません。

例えば外部ライターに作成してもらった記事が検索順位30位から50位の間をうろうろしているようならば、既存記事の文字数や写真を追加したり、タイトルや見出し、キーワードを見直すなど、「リライト」が適宜必要となります。

また、このリライトは1回で終わるものではなく、数か月おきに続けなければなりませんし、場合によって当該記事は諦めて新しく書き直す決断をしなければならないかもしれません。

このように、コンテンツSEOを成功させるためには、単に品質の高い記事を更新するのではなく、既存記事の順位を追跡・分析しつつ、適宜リライトを行って記事を「育てる」必要があることを念頭に置かなければなりません。

ユーザー目線や意図を考えることを忘れないようにする

ユーザー目線や意図を考えることを忘れないようにする

コンテンツSEOを実践する上で必ず覚えておきたいのが「サイト上のコンテンツはユーザーにとって有益でなければならない」ことです。

Googleはこれまで何度もアルゴリズムのアップデートを繰り返しており、記事を評価する基準が変わることもしばしばあります。

しかし、ユーザー目線の記事であるかどうか、ユーザーの悩みが当該記事を読むことによって解決できるかどうかが重要ということは、昔から今にいたるまでぶれることはありません。

コンテンツSEOは検索エンジン対策になってはいけない

コンテンツSEOを日々実践していると、キーワードの頻出率や見出し数、タイトルや記事の文字数、内部リンクの有無などに気を取られて、本当にユーザーにとって読む価値がある記事に仕上がっているかの確認を怠ってしまいがちです。

上記の対策はすべて検索エンジン対策となり、Googleが嫌うコンテンツの作成方法と言えます。もちろん検索上位に表示されている記事の共通点を抽出・分析して、結果的にそのような指標を持ってしまうのは仕方ありません。

しかし、あまりに偏ったコンテンツ制作を実施してしまうと、Googleからの評価が下がり、アルゴリズムのアップデートを機会に順位が大幅に下がってしまうこともあるかもしれません。

コンテンツSEOのやり方。全体の流れや手順を解説

コンテンツSEOのやり方。全体の流れや手順を解説

コンテンツSEOは端的に言えば「良質な記事の作成」ですが、Webサイトに投稿する以上、順序立てて記事の作成から更新に至る必要があります。

闇雲に自分の興味あるテーマで記事を書いても順位は一向に上がることはないでしょう。そこで、下記ではコンテンツSEOの全体の流れを解説します。

1.ブログ・コラムカテゴリーを作成。記事の投稿場所を用意

コンテンツSEOを開始するために、まずは記事の受け皿を用意しなければなりません。「ブログ」や「コラム」といったページを作成して、グローバルメニューに表示させます。

基本的に日ごろ作成する記事はこのブログページに投稿することになります。ブログページ内の記事は、カテゴリーとタグクラウドを使って区別することができますが、タグクラウドは管理するのが大変のため、慣れないうちはカテゴリーのみを使って記事を仕分けするといいでしょう。

2.キーワードやテーマの抽出・決定

記事は自分の得意なテーマで書くのもいいですが、効率を求めるならば検索ボリュームや予想訪問者数を考慮したキーワードで執筆するべきと言えます。

また、大枠となる記事テーマは前もって抽出しておき、執筆スケジュールを作成して計画的に記事を更新するように心がけることも大切です。

テーマをしっかりと決めた上でキーワードの選定に入ることによって、初心者がライティングしやすくなります。

3.検索結果で上位に表示されている競合サイトを分析調査する

記事を書く際のコツは、「検索結果で上位表示されている競合サイトを比較調査する」ことです。

キーワード検索で上位表示されている記事は、Googleから高品質のコンテンツとみなされているため、当該記事のテーマや共起語、見出しのテキストや設計などを見習うことによって、Googleが考えるユーザー目線の記事を作ることができると考えることができます。

4.計画的に記事を投稿・更新する

記事の投稿はスケジュールを決めるのがおすすめです。

例えば週3回の更新と決めたら、毎月月末に更新する日時を決定するのがいいでしょう。WordPressであれば記事の公開日時を設定することもできます。

ページや記事の書き方・作成方法のポイントを紹介

ページや記事の書き方・作成方法のポイントを紹介

紙媒体への執筆と違い、Web記事の場合はクローラーが回遊しやすい設計・構成の基で記事の制作にあたるべきと言えます。

また、Googleは記事の情報の正確性は判断していないとされ、その代わりに信頼性・権威性の高いコンテンツを検索上位に表示させます。

良質なコンテンツを作成したあとは、外部サイトに認めてもらえるようにSNSなどで更新をPRすることで、被リンクの獲得に繋げることができます。

タグを適切に使ってGoogleに正しい評価を受ける記事を作成する

コンテンツSEOを実践する上で重要となるタグは以下となります。

  • タイトルタグ
    検索キーワードをなるべく前半に盛り込むようにしましょう。また、検索結果画面に表示される文字数は30文字前後となるので、はみ出さないよう意識してください。順位に大きく作用するタグとなるので、しっかりと考えましょう。
  • h1タグ
    原則記事タイトルとなるため、タイトルタグと同様でも構いません。よくある事例としては、タイトルタグは「記事タイトル+サイト名」でh1タグは「記事タイトル」とするケースが多いです。
  • h2タグ
    h2タグは記事を見やすく段落付けする見出しの効果となります。見出しタグが1つもないとクローラーが内容の把握に困難を伴うことが予想されます。h2タグにはテーマと関連するワードを含めるようにしましょう。
  • altタグ
    記事中に挿入する写真画像に設定するタグとなります。挿入した写真の内容を参考にして、端的に自然な文章で記してください。キーワードを盛り込みすぎるとGoogleからのペナルティの対象となるので注意してください。

記事作成後は必ず成果と評価を確認する

記事作成後は必ず成果と評価を確認する

記事作成後は必ず順位を追跡するようにしてください。ドメインパワーがある程度向上していれば、数日ないし2週間のうちに簡単にインデックスされるはずです。

Googleアナリティクスを活用すれば、記事毎でどのくらいのPVを獲得できているのか分かりますし、どのような記事がよく読まれるのか、傾向を調べることもできます。

Googleサーチコンソールでは記事のインデックスやペナルティの有無をチェックすることができます。

リライトの方法はさまざま。人気記事を確認するのが近道

リライトの方法はさまざま。人気記事を確認するのが近道

既存記事が下位でくすぶっている場合は、リライトすることによってクローラーから再評価されて、記事の順位が上がることがあります。

もちろん既存記事より良質でなければ意味がありませんが、Googleは記事の更新頻度も確認するので、最新の情報に更新するだけでも一定の効果があると考えられます。

リライトの手法は幾つかありますし、専門家によって考え方・やり方も異なりますので、いろいろと研究してトライ&エラーで実践してみるのがいいでしょう。

おすすめしたいリライトの方法の1つに「人気記事を確認する」ことが挙げられます。人気記事のタイトルに含まれているキーワード、総文字数、見出しの数と盛り込まれているキーワード、共起語などを1位から10位の記事を抽出して調査してみると、幾つか共通点を見つけられるかもしれません。

自分も倣って既存記事を書き直すことによって、大幅なコンテンツの改善を図ることができます。

なお、リライトした記事は必ずGoogleサーチコンソールからリクエストを出してください。もともと記事順位が低い記事のため、リクエストを出さないといつまで経ってもクローラーが回ってくれない可能性があります。

コンテンツSEOは分析ツールを使って成果を出すのもおすすめ

コンテンツSEOは分析ツールを使って成果を出すのもおすすめ

コンテンツSEOを実践する際は、分析ツールを購入することによって、成果をより可視化し、分析調査を効率的に行うことができます。

ただし、SEO対策に強みを持つ分析ツールはネットで探せば数多く見つけることができ、中には年会費の支払いが必要なツールもあります。どのツールを導入するかは社内でよく吟味してください。

分析ツールが正しいとは限らない。これまでの経験を活かす

有料分析ツールの中には、キーワードを入力するだけで自動で競合分析を行い、記事の設計や盛り込むべき単語などを提案してくれる機能を持ったものもあります。

しかし、分析ツールの結果は常に正しいとは限りません。また、分析ツールはユーザーの目線ではなく検索エンジン対策に偏っているため、実際はこれまでの成功経験を交えて最善のコンテンツSEOを検討しなければなりません。

有料ツールと無料ツールの使い分け方法

SEOコンサルタントは数多くの顧客のSEOを管理しなければならないので、少しでも効率化を図るため有料ツールを使います。また、SEOの専門家となるので抽出したデータと自分の見解を織り交ぜながらコンテンツSEOを考えることができます。

しかし、初心者の方にとって多機能に富む有料ツールは使いこなすことが困難です。そのため、慣れないうちは無料ツールで十分でしょう。ただし、無料ツールは抽出できるデータが大幅に制限されているので、複数のツールを併用して使うようにしてください。

コンテンツSEOの戦略の考え方

コンテンツSEOの戦略の考え方

企業のWeb担当者がコンテンツSEOの戦略を考える際は、まず1か月のスケジュールを立ててみて、その後徐々に伸ばしていき、最終的には6か月ないし1年間に作成する記事キーワードを年間の事業戦略として吟味できるようになるのが理想です。

Web制作会社のブログ代行サービスを利用するのが費用対効果の高いSEO対策

Web制作会社のブログ代行サービスを利用するのが費用対効果の高いSEO対策

上記ではブログの書き方や注意点を解説しましたが、実際にWebの知識がない人が一からコンテンツSEOを学習して日々実践に移すのはかなりハードルが高い作業となります。

一方でWeb制作会社やSEOコンサルタント業者の中には、SEOコンテンツのブログ代行サービスを提供している会社も多くあります。

月額で料金はかかりますが、しっかりとコンテンツSEOの目的と目標を設定し、優良業者に依頼することができれば、費用対効果の高いWebマーケティングを成功させることができるはずです。

コンテンツSEOの代行を選ぶ際は「成功事例」を多く持つ業者に依頼する

コンテンツSEOの代行を選ぶ際は「成功事例」を多く持つ業者に依頼する

コンテンツSEOのブログ更新を代行業者に依頼する場合は、自社の業界におけるSEOの成功事例を持っている企業を探すのがおすすめです。

コンテンツSEOを成功させるためには業界研究が必要不可欠ですが、成功事例を持っている業者は、すでに一定の知識と経験が蓄えられていますし、SEOに成功したライターが執筆することによって、単純に失敗する確率を下げることができます。

また、もちろん予算内であることも大切です。コンテンツSEOは中長期にわたって続けなければならないので、1記事当たりの料金が高いと、長く続けることができません。

コンテンツSEOのご相談は「ホームページ制作大阪ドットコム」へ

「ホームページ制作大阪ドットコム」は大阪に拠点を置く関西圏で高い知名度を誇るIT企業です。システム開発を手掛ける技術者が高度なSEO対策を支援・代行してくれます。

ホームページ制作大阪ドットコムは、コンテンツSEOに関しても多数の業界・業種における成功実績があり、プロのSEOライターが責任を持って検索順位の上位表示にあたってくれます。

また、日本語だけではなく英語や中国語など世界の主要言語の記事作成にも対応できるので、越境ECや海外マーケティングにも役立ってくれます。

公式HP:https://gelatocms.com/service/webmarketing/seo/

まとめ:自社サイトのコンテンツSEOはトライ&エラーを続けるのが成功の鍵

まとめ:自社サイトのコンテンツSEOはトライ&エラーを続けるのが成功の鍵

コンテンツSEOの難しいところは、「成果がいつ出るか分からない」ことです。幾つかのキーワードで1ページ目に表示されるようになっても、それが目標の達成に直結するとは限りません。

コンテンツSEOはトライ&エラーの繰り返しが重要となるものの、その判断はSEOの専門家でも迷うことが多くあります。

そのため、自社でSEO対策の内製化ができる環境にないのであれば、一度コンテンツSEOの代行業者に問い合わせをして、現在の状況を説明してみてはいかがでしょうか。自社だけでは考えつかない角度から最善の提案をしてくれるはずです。

CONTACT

お問い合わせ

お見積もりのご相談・お問い合わせはこちら。
外注・業務委託も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

関西地域にて対応いたします。

※オンラインの場合は東京を含めた全国の地域でご対応
(お打ち合わせの時間は柔軟に調整いたします)